車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.04.25 Wed
 翌週早々、弁護士さんと会見したSさんから連絡が入りました。弁護士さん曰く、「こちらにも非があると、相手が強硬に主張している状態ですから、解決までには時間が掛かると思ってください。それでもやりますか?」との話だったそうです。

普通の生活をしている方にとっては、裁判は、別世界の縁の無い話です。弁護士さんに依頼すれば簡単に白黒がついて、真実が現れると思っています。現実的には、多くの場合は、どちらが良いか悪いかではなく、どこで折り合うかという話になります。Sさん有利な状態で交渉できるのは間違いありませんが、相手に全面的な非を認めさせるには、両車を持ち込んでの事故再現実験するくらいの覚悟が必要です。そこまでやれば勝つと思います。でもねぇ…

 人の生死が掛かっているとかなら別ですが、車が少し凹んだだけで、この先何ヶ月も嫌な思いを引きずったり、場合によっては仕事を休んだりする手間隙を思えば、この辺りで切上げるのが妥当かなと思います。お互い様の事故から始まり、修理代に関しては全額を認めるところまできましたから。そんな風にSさんに話し、納得してもらいました。事故から3ヶ月で、この件に関しては終了したわけですが、一つだけ、釈然としない部分があります。

 事故当日、現場に相手側運転手の保険代理店さんが駆けつけてきたそうです。年配の方だったそうでうすから、経験も豊富でしょう。事故状況を客観的に把握できる立場ですから、落としどころも解っていたと思われます。リペゾウが相手損保の担当者と話している時、明らかに困っている雰囲気がありました。契約者保護を盾に、裏で、どんな無理強いしていたのか、興味深々です。損害率でも絡んでいたんでしょうか。

 事故の当事者双方とも、ここ数ヶ月はスッキリしない状態だったと思います。場合によっては、更に数ヶ月も同様の状態が続いた筈です。この代理店さんは、誰の為に動いていたのか疑問です。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/127-ba902ec1
Template by まるぼろらいと