車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.03.14 Wed
 先日の日曜日で東北大震災から一年が経ち、各地で追悼集会が行なわれておりました。私も食事前に、軽く黙祷させてもらいました。お亡くなりになった方々にはお気の毒ですが、この大災害を期に、明らかに時代が変わった感があります。

 研究会ではハーモニー期と呼んでいますが、新しい時代が始まろうとしています。共鳴とノリがキーワードの、共生の時代です。年齢、性別、肩書きや地位、地域や国籍、全てが融合に向かい、境目が曖昧になってきます。会社でしたら社長と従業員は、管理する者とされる者から、同格の単なる役割の違いだけという風に変化すると思われます。そうなると組織運営も、個人としての生き方も変化してきますから、従来の延長での会社経営や商売の仕方だけでは難しくなるんじゃないかな。

 先週末は名古屋で、日車協青年部の中部ブロック会議が開催されました。愛知車協青年部の加藤さんから声を掛けていただき、行ってまいりました。現在の静車協には青年部がありません。今後の組合活動を考える中で、青年部が必要ではないかとの声も上がり、検討段階に入ったところです。総勢11名で訪問しました。主催者の方々には、いろいろと気を使って頂き、ありがとうございました。

 日車協青年部の方々にお会いするのは、今回が初めてです。率直な感想を述べさせてもらいますと、実に真面目。現場の職人や業界としての地位向上に向けての真摯な思いと取組には頭が下がります。テンションも高く、好感度抜群です。全国レベルでは、このような方々が数百人単位でいると思いますと、業界の未来にも希望を感じます。

 一つ惜しい事は、怒りの感情が強い事ですか。ただこの点に関しては業界の方一般に強いですから、彼らだけが特別に強いという事はありませんので誤解なきよう。もし綺麗にサッパリと流す事ができれば、大化けしそうな雰囲気があります。親会も取り込んで面白くなる事を望みます。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/121-b7f9f993
Template by まるぼろらいと