車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.02.22 Wed
 先月末、関東マツダが保険会社に水増し請求していた事が発覚。ニュース等で大きく取り上げられましたから、ご覧になった方も多いと思います。 一販社の内製化工場の問題というよりも、業界に潜在する問題が表面化した感があります。

http://www.hokende.com/news/news_aln9hQmtQQ.html


 一般消費者の目から見れば、自動車鈑金塗装は高額な商品です。ちょっと凹ませただけでも5~6万、軽い事故でも30~40万、このくらいは珍しくありません。普通のサラリーマンが1ヶ月間コツコツと働いて得た収入が、一瞬の事故で消えます。一度に沢山のお金が動きますから、儲かると勘違いする方も多いです。でも1台の車を修理するのに、どのくらいの手間隙が掛かるのか、どれほどの技術や経験を必要とするかを知れば、修理代が高額だと思う方は稀だと思います。

 リペゾウの20代の終わりの頃ですが、鈑金屋という商売は悪くないと思った事があります。同年代の平均的サラリーマンと比べたら、確かに稼いでました。でも一日に15~16時間くらい働くのは当たり前ですし、年間休日は20日も無かったと思いますこれだけ頑張れば、どんな仕事でも稼げる筈です。冷静に当時の時間あたりの生産性を考えれば、情けなくなってきます。

 鈑金塗装業は手間仕事です。昔に比べれば工具・材料・工法が進化して生産性は上がりましたが、顧客から要求される仕上り水準も上がってます。クレームを出さないよう、昔以上に気も使ってるし、納車点検・清掃等の間接作業量も増えてます。逆行して作業単価は下がってますから、売上を維持するのさえ大変です。不正に関わった工場長らは処分されるでしょうが、そこまで追い詰めた経営幹部らの方が罪が重いんじゃないのかなぁ…

 お客さんと話した時に思ったのですが、どの職種でも、今の時点で経営管理に携わっているのは、気合と根性で道を切り開いてきた方が大半です。貪欲に頑張って結果を出し、出世してきたような方々です、時代の変化が顕著になってきたのに、管理する側は行け行けドンドンこれしか方法を知らないなら、もう無理です。やたらに残業させる事もできない現況で、最初の損益分岐点設定や売上目標が適正だったのかにも疑問を感じます。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/120-56bc769d
Template by まるぼろらいと