車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.02.29 Wed
 年明け早々、購入して間もない愛車を凹まされたSさん。すぐにでも直したい思いも叶わず、2ヶ月が過ぎようとしています。 事故状況ですが、Sさんはショッピングセンターの駐車場内で停車中。左側方の斜め横に停車していたRV車が後方を確認せずに後退し始めました。危険を感じたSさんはホーンを鳴らして警告。相手車両は警告に気づかないまま3mほど後退して接触。相手運転手は、接触して初めて、そこに車がある事に気づいた様子です。

 警察に届出て事故検分してもらいましたが、相手のオバちゃんは、お巡りさんに「私がバックした時に、そこに車はなかったはず、相手が動いてきたに決まっている。」と噛み付いていたそうです。お巡りさんから「相手の事はいいですから、ご自分の事を話してください。後ろを見てたんですか?」と聞かれると、「何も見ていなかった」「ホーンは聞こえたけど、自分は関係ないと思った」と後方不注意は認めた様子 オバちゃんの加入している保険代理店も駆けつけて来たので、後は保険で対応してくれると思い、別れたとの話しでした。

 ヴォクシー 1  ヴォクシー 2

 翌日、Sさんが訪ねて来て、修理依頼です。お車を拝見させてもらいました。写真では判りづらいと思いますが、斜め横方向からの入力で、パネルが、縦にV字状に押し込まれています。損害も小さいし、何の問題も無く、100:0対応してくれると思いました。ところが 相手側損保の立会いも一切無く、いきなりリサーチを入れるとの連絡が、Sさんに入りました。

 Sさんが接触時に動いていたとしたら、V字状のパネル変形はありえないし、幅も更に広くなりますよ。実車を見れば、経験を積んだアジャスターさんなら、一目瞭然で事故状況を想像できる筈です。これじゃSさんもリペゾウも納得できない さてと、どう決着するのか …


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/119-5c1a34c2
Template by まるぼろらいと