車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2011.12.28 Wed
 今年も一年が過ぎ去ろうとしています。毎年恒例ですが、なかなか片付きませんご紹介で、レクサスの外装修理をやらせていただきました。

 色は黒で、側に寄りますと、ボデー側面に薄い擦り傷。前後バンバ角は、ザックリと擦っています。レクサス店での見積りは、バンパ1本に付き7万円、前後で14万と言われたそうです。ヤナセも高いが、レクサスも高い。でも高級車は仕方ないです。リペゾウも紹介者の顔を立て、気持ちだけ値引です。レクサスさん、見積ありがとう。正月も近いから助かります。

 ついでにボデー全体を磨いてコーティング。バンパだけが綺麗になっても変ですもん。予算20万の中で作業になりました。作業して気づいたのですが、酸性雨の影響を激しく受けてます。レクサスの塗装は、相当に優れもの。セルシオの膜圧が140μくらいだった記憶がありますが、レクサスだと200μ近くある筈です。しかしルーフ等の上面は酸性雨で侵されて、シミが塗膜下部まで達している雰囲気新車時から継続的にコーティング作業をしない限り、とても防げそうもありません。酸性雨、強し

 レクサス ルーフ  レクサス ルーフ 1 クリヤーの部分劣化

 大気中のVOCが酸性雨の原因要素らしいです。20年くらい前から騒がれ始めた記憶がありますが、昔は、これほど酷くは無かった気がします。新車塗装自体は進化し、耐久性は増している筈ですが、それ以上に汚染が進んでいるのでしょうか。

 それでは一年の最後に、話しを変えます。最近、様々な分野で新しい動きが眼につく様になりました。転換期に入った感があります。この辺が、底だったと言える日が来そうです。来年も頑張っていきましょう


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
 
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://bwalpha.blog122.fc2.com/tb.php/110-5eadc18d
Template by まるぼろらいと