車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.03.28 Wed
 自研指数の作成は、良心的に行われている筈です。設定された条件の中では、あの数値で作業可能と思います。ただし修復現場の実情に合っているかどうかは、これは別の話になります。自研指数は参考数値であり、現場の実情に合わせての調整が必要です。ここに本来のアジャスターの存在意義があったはずです。

 根本的な問題は自研指数が、本来の参考数値という立場から放れ、修理料金算出の基準数値として使用されている現実です。現場のアジャスターは上司から、指数で協定してこいと言われれています。やたらに指数値の変更や項目を認めたら、余分なレポートも作らなくてはいけない。忙しいのが、ますます忙しくなる。彼らの言動の8割は損調内部の問題であって、鈑金屋には関係無いことばかりです。

 指数値に基づいた料金体系が根付いてしまった結果、自動車鈑金塗装業は魅力ある職種ではなくなりました。仕事は面白くても、業務内容の割には稼げません。頑張っても稼げない。だから若い人が業界に入ってこない。たとえ入っても、独り立ちできるところまで続かない。収入だけを考えたら、もっと簡単に楽に稼げる仕事が沢山あります。リペゾウも車販・整備・レンタカーと業務内容を広げていく中で、鈑金塗装業の分の悪さを痛感しました。どれも大変ですが、鈑金塗装で稼ぐ大変さに比べたらね、遥かに楽ですよ。

 指数値内で作業できないのは、レベルが低いからだと言う人もいますが、元々の設定が現実離れしてる可能性も考えられます。時間内にできない方が正常かもしれない。ミッチェルと自研参考指数を見比べていると、もしかしたらと思ってしまいます。料金体系の基準に据える数値は、普通の人が普通に作業して達成できるような数値であるべきです。自分が自研指数の数値内で作業できるから良いでは、これは済まない問題です。

 自研指数が料金体系の基準数値として適正かどうかを、客観的に検証したいと考えています。その為には比較対象できる別の基準も必要です。ミッチェル海外版のトヨタ・ホンダ・ニッサンを入手したい。多くの日本車が海外で販売されているからには、日本車用のガイドブックも存在してる筈です。日本では手に入りません。どこで買えるのかも分かりません。入手できた方は教えてください。

 ガイドブックが入手できれば、同一車種で自研指数の倍くらいの数値設定も考えられます。日本でもアメリカでも中国でも世界中どこでも、基本的な修理作業は同じで、掛かる作業時間も似たりよったりのはずです。日本の職人だけが半分の時間を要求されているとしたらね推測どおりなら日車協として、ミッチェルを料金体系の基準として据えるのも、それも一興じゃないかと思いますが。

続く
 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
2018.03.21 Wed
 入庫の7割が軽ですが、ちょこちょこ輸入車も入ってきます。見積作成に欠かせないのがミッチェルです。正確には、ミッチェル社が発行している"COLLISION ESTIMATING GUIDE。主要輸入車の部品情報や作業時間をまとめたガイドブックです。必要車種ごとに1冊ずつ買えます。いつの間にか、けっこうな冊数になりました。
www.timescom.co.jp/service/other/mitchell/

 自研センターからは構造調査シリーズという形で、国内での流通量が多い輸入車の参考指数が公開されています。こちらも定期的に購入しています。うっかり買いそびれた分以外は、殆ど揃っています。
www.jikencenter.co.jp/publication/02_index.html

 自研指数に関しては、黎明期から興味を持って見てきました。ボロボロになるまでマニュアルを読み、自分の勉強用に解説本を作ったりもしました。見方によっては自研指数の信者でしたが、それは過去の話です。考えが変わったきっかけは、ミッチェルの作業時間と自研センター参考指数との比較です。どのくらい差があるのかを、最近修理した輸入車を例に話していきます。

 今回の主だった作業は、左リヤドアと左クォーターパネルの取替でした。ミッチェルの作業時間と自研センター参考指数では、同一車種でも極端な差があります。リヤドア交換作業はミッチェル6.0に対し、自研センター2.7です。クォーター交換作業はミッチェル24.1に対し、自研センター10.4です。ミッチェル社と自研センターでは、作業の前提条件が異なります。作業時間と指数も別物です。ですから数値を同列で比べるのは間違っていますが、それにしても数値差が激し過ぎます。何故これほど差があるのかと、疑問を覚えます。

 両社の前提条件を考慮し再計算しても、同一作業で2倍前後の数値差が発生します。ミッチェルに記載されている作業時間は、ミッチェル社が独自に計測した作業時間であり、作業時間に対する考え方は日米において異なるため、あくまで参考時間として捉えるようにと、ガイドブックの前書きに記載されています。ミッチェル社の作業時間の前提条件や計測方法は不明ですが、技術の世界は万国共通です。基本的な工程や工具も同じです。数値に倍の差が出ますかね?

 大雑把ですが、実際に作業しながら時間計測してみました。ミッチェルの数値に近い作業時間が掛かりました。現場に携わる職人としては、納得できる範囲内の数値です。同一車種で慣れてくれば時間短縮も可能と思いますが、どう頑張っても半分にはなりません。アジャスターさんにも聞いてみました。「ミッチェルの数値に関して、どう捉えているの?」と。

 アジャスターさんは損調の社員ですから、公的な見解は会社の方針に従います。あくまで内々の私的な見解としてですが、輸入車の作業観測をした経験からも、ミッチェルの方が実情に合っていると思える。だが国産車に限定するなら、自研指数は信頼できるという返答でした。でもそれはちょっと待てよです。

 自研指数は様々な標準条件を設定したうえで作業時間の計測をおこない、計測された数値に準備時間や余裕時間を考慮したものです。国産車と輸入車で、計測方法を変える事はありえません。同じように計測した結果の数値の筈です。となれば、輸入車の場合だけ数値が合わないというのも、辻褄が合いません。国産車と輸入車どちらの数値も実情に合っているか、或いは両方とも合っていないかのどちらかです。

続く

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2018.03.14 Wed
 想定外の状態でも予算は無いし、新品交換はフードヒンジだけとしました。他の部品は、補修しながら組み付けていきました。筆指し処理のパット見修理だけど、許容範囲には持ち込みました。ただ梅雨時にはヘッドライト左右とも、たぶん内部に水滴が溜まると思います。肉眼で確認できないくらいのクラックが入っていそうです。フードのチリも、ピッタリ合いません。パネル全体が反っているし、この辺りが限界です。

マーチ OS (13)
マーチ OS (14) 

 修理して分かったのは、元々この車は、それほど大きな事故車ではありません。バンパリーンホースメント・フード・左右フードヒンジ・コンデンサー・ラジエーター・アッパーサポートを、中古部品と交換しています。他はオリジナル部品の再使用です。適切に作業すれば、修復歴無しで通ってしまう可能性がある、その程度の事故だったと思われます。作業者が下手過ぎてというか、直し方を知りません。文字通り、車の価値を下げました。

 中古車の購入は、地元の信頼できる業者を利用することをお勧めします。自動車業界には魑魅魍魎が沢山います。プロ同士は騙しあいの世界ですが、良心的な業者は素人さんを騙しません。間に入ったら責任を取るくらいの覚悟のある、そういう方を仲介して購入するのが無難です。安さには危険が伴います。相場で買えるなら良しです

 Mさん、鰻パイ、美味しかったです。ご馳走様でした



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2018.03.07 Wed
 とりあえず修理見積と損傷状態を中古車屋に見せたいと、Mさんからの要望メールも届いていました。フロントパネルグループ脱着・フードパネル取替・左右フードヒンジ取替・左右フロントフェンダーパネル鈑金・アッパーサポート等鈑金・塗装一式で、税込み20万弱の見積に損傷写真を添え、メール確認30分後にLINE送信しました。それを中古車屋に見せたら、自分のところなら5~6万で修理できると言ったそうで

 事故から24時間後には、当社口座に6万振り込むという内容で、中古車屋とMさんとの間で示談となりました。Mさんが納得しての示談ではありませんが、勤務先の顧問弁護士から、止めろと言われたそうです。リペゾウも何度か弁護士契約した経験がありますから、事情は分かります。着手料の基準が20万ですから、訴訟額20~30万で争っても、虚しさが残るだけです。勝っても弁護士費用に喰われ、ろくに手元に残りません。一時的には腹が立っても、経済的には流した方が得です。

 形の上では示談となって、事故から40時間後には、6万円が振り込まれてきました。Mさんから振込金額の範囲内で、浜松まで自走できるように修理してくれとの依頼です。18日の日曜日に引き取りたいと。仕上がりレベルは任せると言います。リペゾウの得意なパターンです。そんなわけで時間を作って作業に入ったら・・・・

 なんと、フードロックのボルトだけではなかった。あちらこちらのボルト、計6本が、指先で回る状態ですこの仕事に長年携わってきたけど、こんなの見たことないよ。この作業した奴が鈑金業界に居ること自体が、きっと何かの間違いだいつかは人身事故に繋がり、世間にも迷惑を掛ける。さっさと転職してもらいたいな。おい、早く辞めろや

マーチ OS (5) 

 左フードヒンジのボルトは、かろうじて1本残っているだけ。工具を使わずに外せます。

マーチ OS (7) 

 バンパカバーを外すと、割れたアブソーバーが落ちてくる。今回の事故とは関係ありません。

マーチ OS (10) 

マーチ OS (11) 

 ヘッドライトも落ちてくるしこれも今回の事故とは関係ありません。

マーチ OS (8) 
 
 フェンダパネルをフリーにしたら、最初からボルトの位置がズレてるし。修復歴あり車と聞いていたけど、何も修復してないじゃん。これなら事故現状車と表記すべきだぞ

続く

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと