車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.09.27 Wed
 側道から優先道路に出ようとしたTさんの話です。一旦停止の標識を見て減速し、停止線で停止しようとした瞬間です。側道の左側は斜面の空き地です。そこを上から下ってきた車が、横からドカンと衝突です。衝突位置は、停止線の1メートルほど手前。Tさんの車は衝突地点で、そのまま停止です。

鞍元イスト

 Tさんの車は年式が古いから全損です。これは仕方ないです。客観的に妥当な金額を提案してきたので、即了承しました。問題は過失割合です。Tさんにも1割の過失があると言います。理由は完全な停止状態でなく、僅かでも動いていたからという、それだけです。これは納得できません。過失と言うなら、それをしなければ事故は避けられたのか?こちらは停止線を見ながら止まる寸前です。道路外の左上方から突っ込んでくるのを、どうしたら避けられるのか知りたいです。

 相手側損保担当者は事故現場にも行ってないし、損傷車両の状態も見ていません。判例がどうとか言いますが、だから何なんだと。事故は全てが異なります。全く同じ状況はありません。今回の場合は客観的に見て限りなくゼロ過失に近いから、最初から1割過失しか要求してこないわけですね。相手側損保担当者に妥協案として、請求放棄するよう提案しました。駄目の一点張りです。相手側契約者は、あくまで過失分を請求すると言ってるそうです。本当かな?

 Tさんから衝突相手に電話してもらいました。交渉状況を話してもらったところ、相手の方は何も知らなかったです。ご自分の車はデーラーに入庫しています。事故から1週間以上経過していますが、未だに何の連絡も無いとの話です。互いの損害額も既に決まっていますが、それすら知りませんでした。相手の損害額は約30万で、少なくとも9割は自己負担となります。連絡も入れずに直すつもりですかね?

 この程度のレベルで、よくサービス業が務まるのかと思います。自分なら入庫から24時間以内に損害額を算出して、必ず連絡を入れます。修理するとしたら自己負担額はどれくらいになるのか?場合によっては修理するより買い替えた方が得なのか?知りたい筈です。過失割合の話を進めるにしても、コマメに連絡を取って、顧客の意向に沿って進めていきます。顧客が無茶を言えば、交渉前に説得しときます。契約者に電話して、意向を聞き出すくらいしたらどうかと思いますがね。

 マニュアルに従って事務的に処理するだけなら、そのうち機械に仕事を取られます。求められてるのは、人間だからこそ可能な、血の通ったサービスです。現場作業しながら電話・メール・ラインで、経過報告等の連絡を入れています。コマメに顧客に連絡して情報共有する。顧客の身となって動くには必要です。サービス業としての基本です。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
2017.09.20 Wed
 8年前に販売した車が里帰りしました。エンジンの調子が悪く、買い替え検討中との話でした。在庫車の中から次のを選んでもらって、そのまま下取りました。この車は9年前に走行500キロの事故現状を引き取って、起こして社用車として乗っていた奴です。乗り回してるうちに売ってくれと頼まれて手放しました。懐かしいけど、どこを修理したっけ??懸命に見ても分かりません。説明できない状態では、自分のお客さんには売れません。業販することにしました。

 内外装を磨いて清掃したら、見違えるほど良い車に変身でもエンジンの調子がとりあえず短期間でも調子良く動いてくれんとなぁ高取りして外注に出せません。自社で取り組みました。まずヘッドカバーを外してみたら

オイル交換 (1) 

オイル交換 (2) 

 マジに汚い!オイル交換してたと言ってたけど、、、、調子悪くなってから交換しても駄目なんだよねなんとか費用を掛けずにエンジン復調して、買取屋さんに引き取られていきました。細かくチェックしてたけど、直した本人でも分からない状態だからね君の責任ではありません。この車は正真正銘の修復歴無車しです。原価と手間代は回収できたし、二度と出会うこともないでしょう。

 これを読んでる皆さんは走行5千キロ以内に、必ずオイル交換しましょう。さもないと、上記写真の状態になります。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2017.09.13 Wed
 10年落ちミニバンです。1年前に下記写真の状態で、レッカーで運び込まれました。

MPV足回り (1) 

 下から覗いてみると、左サスペンションロワアームのボールジョイントが破損し抜けていました。

MPV足回り (2) 

 国道1号線を箱根方面から下ってきて、三島の交差点で普通に減速。停車寸前にドカンという感じだったとの話でした。最も負荷が掛かる部分ですが、この部分が壊れるのは大事故に繋がらなくて良かったと思います。破損部を新品と組み替えて納車しました。そして先日、またまたレッカーで運び込まれてきました今度は右側です。

MPV足回り (3) 

 左右逆になっただけで、前回と全く同じ症状です。オーナーさんの話では、修復歴無しです。兆候も無かったそうです。半年前にデーラーさんで点検しています。タイヤごと揺すってみるとか、その程度の点検しかできまない部位ですが、そもそも通常は壊れない部品です。最初から不良品だったのか、それとも設計が甘いのか??自分の車なら、メーカーに電話してガンガンやります。一歩間違えば死んじゃいますもん。とにかく要注意の車種です。

 両側とも替えるように、去年の時点で言うべきでした。左が駄目なら、右も怪しい。反省です



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2017.09.06 Wed
 ホームページ経由での見積依頼が、けっこうあります。問い合わせメールでは、幾らですかという質問が圧倒的に多いです。質問者の気持ちは分かります。よく分かるけど、答えにくい質問です。その理由を説明します。

 先ずは金額算出の基本から説明します。金額は予想される作業内容から作業時間を割り出して、それに時間単価を掛けたものです。時間単価はレーバーレートではなく、その地区の相場単価を使用するのが一般的です。静岡県東部地区では、時間単価¥6500-~¥7000-です。単純に言えば、職人さんを1時間拘束して専属作業させたら、7千円くらいは請求されます。

 作業者の立場からすれば、同じパネル1枚の鈑金塗装作業でも、設定する仕上がりレベルによって作業時間は変化します。1ランク上の仕上がりを追求すれば、作業時間5割増しも珍しくありません。ですから実車を前に話し合って、お客様の求めている仕上がりレベル等を把握しないと、金額を出しづらいです。

 相場料金はありますが、大量生産された家電品と違って、同じ1万円で同じ作業をして同じ仕上がりレベルを提供されるとは決まっていません。職人が100人いれば100通りの修理方法があり、使用する工具や塗料も様々です。仕上がりレベルも職人によって異なります。更に言うと同じ職人でも、その日の天候や気分により仕上がりレベルも異なります。ですから金額だけを比べるのは、あまり意味がありません。

 その金額内で、どのような作業をするのか?どのような材料や塗料を使うのか?どのくらいの仕上がりレベルを保証するのか?補修部の経年変化への対応は?様々な要因で工程や作業時間や請求金額は変わるし、その気になればトークで丸め込む事だってできます。提示金額が割高なのか割安なのか、業界外の方では、判断は困難です。突き詰めれば言葉を信じるか信じないか、リペゾウと縁があるかないかだけの世界です。

 だから一切、深追いしません。縁のある方の仕事だけで充分と、超アッサリ系です心掛けているのは、1万円請求時には1万円以上の満足感を提供する事。依頼して良かったと、縁のある方には思ってもらいたいリピーターで来てもらい、それで初めて本当の自分のお客さんです。お客さんが何人居るのか?100人もいたら凄いです。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

Template by まるぼろらいと