車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.11.30 Wed
 新品タイヤの溝の深さですが、全て8ミリだと思っていました。記録簿につける時は、5分山だから4ミリと記載していました。タイヤチェッカーを使うようになってから、アレッ!新品タイヤでも、思っていたほどの深さがありません。

タイヤチェッカー (1) 

タイヤチェッカー (2) 

タイヤチェッカー (3) 

タイヤチェッカー (4) 

 軽自動車の新品タイヤで、6.5ミリです。ニコニコレンタの規定だと、3ミリ以下のタイヤは使用禁止です。3ミリも減ったら交換間近ですね一番安いのを持ってこいと言ったからかなぁ?普通車のタイヤも計ってみました。

DSCF4218.jpg 

 こちらは8ミリあるみたいです。メーカーによっても違うのでしょうか? 詳しい方がいたら、教えてください。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
2016.11.23 Wed
 アジャスターさんに、現状確認してもらいます。原因は新品部品の個体差にある事は明白ですが、部品を差し替えても、必ず直るとは思えません。このドアを調整して対処しますが、余分に工賃が掛かる事を説明します。作業写真を提出していく事で、追加作業の了解を得ました。

 追加作業の内容ですが、先ず助手席側ドアを取外します。ロアヒンジ取付部に力を加え、内側に押込む方向に、微妙に角度を変えます。ドア下側が押込まれた分だけ、ドア上側が開きます。ドアサッシ上部の抵抗は、これで緩和される筈です。

 15.jpg 16.jpg 

 外したドアを再度組み付けたところ、問題無く、滑り込む様に締まりましたでも、これで終わりじゃないです。助手席側ドアの調整は終わりですが、ドア前後のパネル、左フロントフェンダーと左リヤドアとの隙間に狂いが生じてています。中央のパネル位置を動かしたから、狂うのも当然です。前後パネルを脱着して、全体のバランスが崩れないように少しづつ位置をずらし、チリを調整し直しました。かなりの追加料金となりましたので、話し合って協定しました。

 似た様な経験をした同業者は多かろうと思います。自分の作業に問題無ければ、余分に作業した分は、誰かに請求するしかありません。請求先が部品供給メーカーになるのか損保になるのか、或はエンドユーザーになるのかはケースバイケースですが、自分の責任以上の事は、背負い込まないべきです。若い頃は全て自分の責任と思い、ボランティアで夜中まで残業したりしました。でもそれは違うだろうと、現在は思えるようになりました。

 話題を変えます。このドアの塗装は、スクラッチシールドです。作業を嫌がる塗装屋さんが多いですが、この塗装は難しくありません。上手く塗装するコツは、塗料メーカーの推奨値よりも、希釈率を上げる事です。粘度が高いので、その方がコントロールし易いです。試してください。殆どブツも無く、我ながら上手く吹けたので、記念撮影です。この顔を見かけたら、声をかけてください

 DSCF3433.jpg 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2016.11.16 Wed
 おろしたての国産高級車の助手席側ドア交換を行いました。まず新品部品を仮合わせして、建付けをチェック。周辺パネルとのチリも問題無いので、取外して裏表を塗装。塗装後に再度取り付けて微調整。続けて元のドアから、付属品を全て移植。完成間近の最終チェックで、問題発見です。運転席側と比べて、何故かドアの締まりが悪い

 11_201610301756592e3.jpg 12_20161030175701c1f.jpg 

 13_20161030175704e0a.jpg 

 ドアを軽く開けた状態から、指先で軽く押します。運転席側ドアは滑り込む様に締まりますが、助手席側ドアは駄目です。最後の瞬間に抵抗があるみたいで、半開きの状態で止まります。最後まで手を添えていれば、問題無く締まります。許容範囲とも言えますが、どうしようかなぁ?仕上りレベルへの要求も厳しそうだしなんとかしないと、納車できない先ず原因を探求します。左右のドアを見比べているうちに、微妙な違いに気づきました。これだ!

 14_201610301819177d4.jpg 

 写真だと分かり辛いですが、ドアサッシ上部前後の角度が違います。内側への倒れ込み角度が、左側後部の方が、微妙に大きいです。ドア本体にサッシ部分を溶接してある構造です。後ろ側の溶接角度が僅かにずれていて、この部分のウェザーストリップゴムが抵抗となっています。サッシ後部の角度を矯正すれば、滑り込む様に締まると推測されます。 

 原因は分かりましたが、修復作業が問題です。鉄製ドアなら簡単ですが、アルミ製です。反発力が強く、捩じったくらいでは、角度調整できません。車両保険での修理ですから、先ず損保さんに電話して、担当アジャスターさんに来てもらいました。

 続く



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2016.11.09 Wed
 AMGのG6.3のドア補修です。中古車でも、まだ1500万以上の時価があります。オーナーさんが夜に来て、ノンビリでいいよんと言いますが、さっさと終りにして納車しないと落ち着きません。ドアの付属品を脱着していて、アレっと思いました。簡単です。

 ゲレンデ アウターハンドル (5) ゲレンデ アウターハンドル (1) 


 ゲレンデ アウターハンドル (4) 

 ハンドルの裏側を見ると分かりますが、ボルト2本で固定されてるだけです。しかもボルトの位置が分かり易いです。

 ゲレンデ アウターハンドル (2) ゲレンデ アウターハンドル (3) 

 初めて触る国産車だと、殆どの場合、これほど簡単に外せません。メーカーによっては、知恵の輪みたいな取り付け方をしている車種もあります。アウターハンドル1つ外すのに20分とか、悪戦苦闘するわけです簡単に外れたと思ったら、今度は取り付けられないとか修理書見ながらやっても、なかなか上手くいかない場合があります。脱着頻度の激しい部品は、誰でも簡単に作業できるように、カーメーカーさんは設計してください。お願いします。
 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2016.11.02 Wed
 去る10月17日、静岡の整備振興会ビルで、 ASVのエイミング体験講習が開催されました。カーメーカーの技術担当者が講師で、国交省の方も入りました。スズキのレーダーサポートと、スバルのアイサイトのエイミング(調整)作業の体験型講習です。リペゾウも混じらせていただき、丸1日、しっかりと勉強させてもらいました。

 エイミング (2)
 エイミング (3) 

 エイミング (1) エイミング (4) 

 率直な感想ですが、作業自体は難しくありません。けっこうアバウトで、フレームの寸法出しの方がシビアで難易度高いです。でも問題があって、すぐに自社で作業する気にはなれませんでした。メーカーごと車種ごとに、異なったセンサーが、異なった位置に付いています。調整方法も様々で、車種ごとのマニュアルが必要です。

 更に大きな問題は、車種ごとに計測機器が異なっている点です。この計測機器が、高いです。例えばスバルのアイサイトVer3用のランダムチャートですが、厚紙に模様が印刷してあるだけみたいに見えます。タダ同然で貰えるのかと思ったら、1枚¥23000-だそうでこれなんか、まだましな方です。同じ車種が続けて入庫しないと、採算が合いません。町工場にはキツイなぁ

 全メーカー全車種が共通のセンサーを使用し、ヘッドライトテスターみたいので、エイミング作業できるようにしてもらいたいです。このあたりは国交省さんに、指導力を発揮してもらいたいところです。

 それにしても、各センサー類の金額は高いです。下記写真はエスクードのミリ波レーダーの調整作業ですが、このセンサーは12万ほどします。マニュアルを読むと、強い衝撃が入った場合は交換と書いてあります。取り付け位置から考えると、前をコツンとぶつけたら、もう即交換ですね。アフターで稼ぐ為の、メーカーの戦略かな?

 エイミング (5) エイミング (6) 

 スバルのアイサイトのステレオカメラも、レンズ部に触れて指紋が付いたら、即交換です。清掃作業自体が駄目という話です。車全体にセンサーが付いて、バンパー脱着すら、気軽にできない時代が始まっています。なんかもう面倒で触れたくないし、引退したいなと思ってしまいます。宝くじでも当たらないかぁ
 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
業界近況    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと