車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.10.26 Wed
 去る10月15日夜、沼津駅北口プラザヴェルデで、「見える化事業」静岡東部地区説明会が開催されました。日車協連の小倉会長さんが講師です。東部地区の組合員さんを中心に、30名が参加しました。

S_5081229674026.jpg 

 事業説明というよりは、事業化に至った経緯や、今後の日車協連の目指すべき方向性についての話が中心となりました。国交省との定期会合の様子など、興味深い話が多々ありました。話の要点だけを、纏めて報告します。進行役を務めながら拝聴しましたので、メモ等は取っていません。聞き間違い等があるかもしれませんが、ご了承ください。

1 業界内に幾つもの同業者団体がありますが、国交省認可を受けているのは日車協連だけです。業界内の各種問題に関して、国交省と協議できる唯一の団体です。業界の近代化をテーマとした定期会合は、現在も進行中です。

2 国交省の基本的な考え方は、国民絶対多数の幸福の追求です。特定の事業者だけが利益を享受できる事業に対しての、後押しをしません。車体認証制度の陳情が却下されたのも、この考え方の延長になります。
 仮に現時点で車体認証制度が施行された場合ですが、相当数の廃業工場が予想されます。国民生活に不自由をきたす恐れがあります。現状は法律の無い野放し状態ですが、日本のモータリゼーションの歴史の中で、車体整備不良が原因の重大事故は発生していません。諸外国ですと、走行中の車が折れる等の事故もある様子ですが、日本の職人は優秀です。職人気質が強く、諸外国ほどの手抜き修理をしません。優秀な鈑金業界に、新たな法律は必要ないというのが、国交省の見解です。

3 日車協連として見える化事業(車体整備士の再教育と必要機器の導入)を推進して自主認定を行った場合は、国交省として後押しをする意向という話です。つまり我々が自主的に高度化を目指すなら、国として後押しをして、お墨付きも与える方向に向かいます。

4 認定を受ける為には、車体整備士が在籍して定期的な再教育を受けている事と、高度化車体整備に対応した設備を保有している事が条件となります。

5 「見える化事業」で最も重要視されるのは、車体整備士の再教育による人材の育成です。設備に関しては、最後となります。必ずしも単独で持つ必要も無く、複数の事業体で共有するスキームを構築していけばよいのではという話です。

 「見える化事業」の構想は、スピード感のある展開さえできれば、実現性が高いです。説明会の後で食事をしながら歓談しましたが、感心したのは小倉会長の人柄です。彼の言葉です。

「車体整備士の再教育をしたいという思いが、自分の行動の原動力です。」「1人2人でやっている規模の会員さんも含めて、皆でやっていきたいです。誰も取り残したくないです。」

 俺についてこいという、パワープレーのみで引っ張るタイプのリーダーではありません。共感で周囲を動かしていく、ハーモニー期の特徴も備えています。年齢的にも若くて行動力があり、相互扶助の精神に基づく組合組織に、適したリーダー像の資質です。地方組織の現行役員として、この方の後ろに、沢山の方を付けるのが役目かと思います。待った甲斐がありました

 11月19日に静岡で、中部地区説明会が開催されます。その翌週の26日には浜松で、西部地区説明会が開催されます。非会員の方も含めて、できるだけ多くの方に参加してもらえればと思います。「見える化事業を把握する事は勿論ですが、業界のリーダーとして相応しい人物かどうか、ご自分の目で確かめてください。詳細は、静車協事務局にお問い合わせください。

http://sizsyakyo.jp/


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
業界近況    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2016.10.19 Wed
 すぐに車を買い替えず、長く使う方が増えました。そのせいか、頼まれる事が増えたのが、ヘッドランプのリフレッシュです。車検時だけ通ればという簡易的施工タイプから、数年間の仕様に耐える本格的施工タイプまで、各種あります。リペゾウのお勧めは、本格的施工タイプ。ちょっと高いけど、コストパフォーマンスで比べたら、こちらの方がお得だと思います。車種やレンズの程度によって、施工料金は変わります。左右で8千円から1万2千円くらいです。

施工前

DSCF3388.jpg 

クリーニングしてから、サンディング開始。

DSCF3391.jpg 

最終1000番まで、番手を変えながらサンディング。曇りガラス状態にします。

DSCF3394.jpg 

水溶性脱脂剤で洗浄後、専用クリヤーで塗装して、ヒーターで強制乾燥させます。

DSCF3405.jpg 

 ヘッドランプが黄ばんでいると、どんな車でもボッコく見えるんだよねヘッドランプをリフレッシュするだけで、心までリフレッシュできるかも


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2016.10.12 Wed
 仕事の合間の小旅行でした。初日はひたすら歩き回り、探し物にも巡り合いました。

 京都 20161008 (1) 京都 20161008 (3) 京都 20161008 (4) 京都 20161008 (7) 京都 20161008 (8) 

 二日目は4時半起床して、朝5時開店のラーメン屋に直行しましたが、既に行列滞在時間も限られているし、昼間じゃ絶対に無理っす。

 京都 20161008 (10) たかがラーメンと侮れません。オッサンだけではなく、若い女の子達もいます。旨!

 京都 20161008 (12)  久し振りに新喜劇を見たりと、なかなか濃い一日でした

 京都 20161008 (6)  なんとホテル代より高かった、すき焼き

 写真は無いですが、アナゴの刺身が素晴らしかった。サッと皮を炙っているだけですが、この炙り具合が絶妙です。今まで食べた中では最高ですお小遣い2ヶ月分が、すっ飛びましたまた頑張って働かんと


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2016.10.05 Wed
 「小規模鈑金工場の経営者へ」

 バブル期を境に車体整備総需要の減少が続き、ひたすた右肩下がりの状態です。改善される傾向もありません。逆に今後は、事故率の劇的な減少が予想されています。市場が縮小し、競争が激化する中で、悩みに悩んでいる工場経営者は多かろうと思います。同業者の勉強会の内容を見ると、「特色のある技術を掴み、生産性を上げて」などというのが大半です。20年前なら正論ですが、今から間に合うのでしょうか?経営者なら、先にやるべき事が山ほどあります。

 積極的に設備投資をして、圧倒的な生産性や独自の技術力を得て、それを武器に生き凝っていく工場はあると思います。でもそれは、限られた一部の工場だけです。職人として道を究めたい欲求はありますが、敢えて狭い道を進むよりも、広い道を進む方が楽です。経営業は環境適応業です。環境が変わったのだから、自社も変わるしかないです。これを読んでる鈑金工場経営者の方々に聞きます。何故、縮小し続ける鈑金塗装市場に拘るのですか?

 最初に話しましたが、自分はガチガチの職人です。他の仕事を、やった経験はありません。自動車鈑金塗装業しか知りませんが、この仕事を自分なりにやり抜いて分かった事があります。鈑金塗装業で稼ぐのは難しいです。整備屋さんやスタンドが参入しても、専業店と同レベルになるには、相当の覚悟と投資が必要です。逆に鈑金屋が、整備や車販を始めるのは、さほど難しくありません。心理的な抵抗さえ取っ払えば、明日からでも始められます。大概の資格は持っているし、基礎知識や基礎技術もあります。投資額も、僅かで可能です。1年もやれば、専業店と肩を並べられます。何故やらないのですか?

 この提案は、一時もてはやされたミニデーラー化とは違います。あくまで根っこは鈑金屋です。鈑金塗装という技術を中核にして、関連業種に進出しながら営業展開をして、本業の新規顧客を創造できる循環体系を作ります。。我々は高いアドバンテージを、最初から持っています。例えば中古車業やレンタカー業に進出した場合ですと、段違いの低コストの展開が可能です。勝負するなら、有利な場を選択するのが当然です。そこで力を蓄えて、本業に回帰します。

 リペゾウも、3年前の保険の料率改定までは、鈑金塗装のみで生きていく覚悟でした。料率改定による保険仕事の減少と、スバルのアイサイトの発表を見て、方向性を変えました。BPは自社の最大の強みとして維持していくが、同時に関連業種に進出していく。最後は営業力勝負の時代に入ったから、営業力強化に集中した投資を考える。基本方針を定めました。今までやらなかった事を始めますから、最初は楽じゃなかったです。体中に発疹ができたりしましたが、正しい選択ができました。

 設備投資も人員増強も行わない前提で計画実行し、飛躍が見込める状態にまで持ち込めました。これを読んでる経営者の皆さんも、踏み込んでみたら如何ですか。行動する前から諦めている方が、あまりに多過ぎます。経営は学問じゃないから、知識など、さほど役にたちません。机上の勉強も無意味です。踏み込んだ人だけが、自分なりの核心を掴みます。考えてから動くのではなく、動きながら考えます。明日も今日の延長で、同じ様に過ごせるとは限りません。いざという時に備えて、早めの準備が必要です。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
Template by まるぼろらいと