車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2016.01.27 Wed
 ポルテ見積

 写真1枚では分かり辛いと思いますが、クォータパネルの損傷は、かなり酷いです。荒出しでエッジラインを出してから、スライドドアの脱着作業が必要です。塗装終了までに、最低3回のドア脱着作業が予想されます。見積時の作業項目で、1回分の脱着料金は計上されますが、残りの2回分の脱着料金を、どこに計上するのか。この場合は、クォータパネルの鈑金料金に上乗せします。

 つまり、この車のクォータパネルの鈑金料金の算出は、単純に難易度と表面積に基づいて算出するのではなく、付加作業を含めた技術料という形で計上する必要があります。そうでないと、実作業時間と請求料金が見合いません。来店客のデーラー見積には、この辺の考慮がされていません。作業経験が無い方の見積と思われます。

 一昔前のデーラーさんなら、全て新品交換のバカ高い見積でした。立派なショールームを筆頭に、あれだけのコストを掛けているのだから、もっと高く請求しないと不味い気がします。何年償却を想定しているのか。現場の人手不足も進んでいるし、安易な人件費の抑制も難しいと思いますが。

 デーラーさんの下請けも、また辛いです。あの金額からレスされたら今からでも遅くない。同じ場所に居ても、先細りしていくだけです。苦労しても、直需主体に切り替えた方が無難です。お客様と直に接すれば、仕事をした喜びも、更に大きくなります。関連分野まで進出した鈑金屋は、自分が思っていた以上に強いです。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
2016.01.20 Wed
 ホームページを立ち上げて7年です。以前は知り合いしか来店しない工場でしたが、今は年間200人前後の新規来店客が見込める状況に変わりました。様々なタイプの方が来店します。接客自体も好きですから、楽しいです。エンドユーザーと直に接触する事で、考えさせられる事も多々あります。先日もそうでした。先ず、下記写真をご覧ください。

 ポルテ見積  

 左スライドドア後端部から、左クォータパネルにかけての損傷です。色はホワイトパール。ホイールハウスアウターまで変形は及び、ロッカーパネルにも多少の損傷が見受けられます。パッと見での損傷部の表面積は、左スライドドア8d㎡の左クォータパネル30d㎡くらいですか。自腹修理という事で、とりあえずは見積依頼です。

 リペゾウが見積依頼を受けた場合ですが、その場で大雑把な修理金額を、3分以内に即答します。いい加減そのものですが、これで新規客での成約率80%を、楽に越えます。この車の場合は、お任せコースで11万と答えました。安すぎたかと思いながらの返答ですが、なんとデーラーさんと、ほぼ一緒お客様にはデーラーに行ってもらいました。デーラー見積も、一昔前とは大違いです。

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
2016.01.13 Wed
 納得できない事があり、某損保相手に一戦交えました。翌日には先方の上司から、全面謝罪の申し入れが入りました。「君は部下に対して、どういう教育をしているのか?」と問い詰めたところ、「先手を取るよう指示してます。」との返答です幼稚です。たとえ相手が横綱であっても、

 殴られたら

 嘉風 (3) 

 殴り返します

 嘉風 (1) 

 大相撲初場所の初日に行ってきました。上記写真は、横綱鶴竜対関脇嘉風。カメラマンはリペゾウ。敗れはしたが、なかなかの善戦でした。横綱から叩かれながらも、足を出して体ごと前に押込み、逆に圧力を掛けています。地力の差はあっても、気持ちの上では負けていません。横綱なら、自分から手を出したりしないで、ドンと受け止めてから往なしてもらいたかったです。勝てばいいじゃ困ります。某損保も、業界のリーディングカンパニーなら、先手を取れなどというセコイ指示は止めてもらいたいです。プロどうしの大人なんだから、話し合って決めればいいじゃないっすか。

 それにしても惜しかったのは、下記写真です。先頭の黒い車に、両陛下が乗っています。

 両国 (12) 

 この日は天覧相撲で、両陛下がお見えになっていました。お帰りの際は、お姿を写真に撮ろうという方々で人垣です。リペゾウは皆から離れて、国技館入口近くの道路際植え込みの隙間に、1人で陣取りました。両陛下を乗せた車が公道に出て、皇居方面に方向転換する瞬間、この場に絶好のシャッターチャンスが訪れる筈との読みです。狙い通り、超至近距離に両陛下を捉えたのですが・・・美智子様がリペゾウに微笑みながら手を振ってくれました。思わず直立不動で、起立・礼と頭を下げてしまいました。お姿は目に焼き付いておりますが、写真も撮りたかった


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
2016.01.06 Wed
 新年あけましておめでとうございます。今年最初のブログは、年末のビデオで出会った、素敵な言葉について語ります。

 2008年公開の「カンフーパンダ」、知ってますか。落ちこぼれパンダのポーが成長し、カンフーの達人となって悪漢と戦うという荒唐無稽、ハチャメチャな内容のアニメです。パンダのお父さんはガチョウだしカンフーの大師匠はゾウガメ突っ込みどころ満載ですが、根底に格調高い精神世界が潜む名作です。カンフーの始祖であるウーグウェイ導師(ゾウガメ)が、桃の花びらに包まれながら旅立つ場面では、思わず涙が零れました

 さて素敵な言葉ですが、このウーグウェイ導師が、挫折して諦めかけたポーにかける言葉です。この言葉でポーは立ち直り、再び厳しい修行に挑みます。

 Yesterday is history, tomorrow is a mystery, but today is a gift. 
 
 「昨日は歴史、明日はミステリー。だが今日は贈り物だ。」 この言葉は深いです。胸にガツンと響きました昨年は、色々ありました。全てにストップをかけて、保留状態にしていました。過ぎ去った昨日への悔悟や郷愁も、未だ見ぬ明日への不安や期待も、どれもが無意味。実態として掴めるのは、今日だけです。

 せっかくの贈り物を、真摯に受け止めているだろうかと猛省です。今この瞬間、そこに全力を注ぎます。今年はイノベーション、飛躍の年です

 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ
ご挨拶    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと