車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.09.30 Wed
 おカマ掘られて、サンドイッチで入庫です。リヤ回りは大破ですが、フロント回りは小破です。アッパーサポートを軽く前方に引けば終りのつもりでした。フロントバンパーカバーを外したら

 最低修理 (1) 最低修理 (4)
 
 最低修理 (2) 最低修理 (3)

 最低修理 (5) 最低修理 

 バンパーリインホースメントはペッチャンコボルトは半分も付いていません左のアウトリガーは変形したままで、一部は切り取られて、口が開いたままですクロスメンバーは奥に押し込まれて、グチャグチャに変形していますラジ・コンのロワサポート部は止まっておらず、上から吊り下がったままですなんとか直そうとした跡も見えますが、逆に損傷を悪化させた感じです。ご愁傷様です

 他人の仕事にケチを付けたくないが、さすがにこれは酷い。これで修理代を請求できたとしたら、普通じゃないです。もしフロント回り大破だったら、大変な事になりかねません。修理金額が高い安い以前の問題で、この修理には、職人としてのプライドの欠片も感じられません。車の外面が、カッコだけつけば良いのでしょうか?作業者は、業界から去ってもらいたいです

 こういう車を見てしまうと、日車協で進めている車体認証制度の必要性を痛感します。骨格にまで及ぶ大破の損傷車を修理する場合は、適正な教育を受け資格を持った作業者が、適正な設備を備えた工場で行うべきだし、修理後の第三者による検査も必要です。修理した大破車を、公的検査もせず公道を走らせているのは、先進国では日本だけらしいです。中国でさえ、正常に機能しているかどうかは別として、修復後の検査制度があるそうです。国交省は、いつまで野放し状態を続けるのでしょうか?人命に係る事故が起きてからでは、遅いと思いますが


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
2015.09.23 Wed
 高級車のバンパー損傷が、入庫です。少しだけど、カバーが変形しています。

 ベンツSL リヤバンパ (1) 軽鈑金専門店なら、2~3万で請け負いそうな気もします。

 この程度の損傷なら、通常は補修対応しますが、この車の場合は、最初から交換前提で考えます。何故かと言いますと、バンパーを取外そうとすると、十中八九カバーが壊れますメーカーが再使用を考えているとは、とうてい思えません。

 ベンツSL リヤバンパ (4) ベンツSL リヤバンパ (5) 

 ボデー側に取り付けられたリテーナーに、バンパーカバー上部を嵌め込む構造です。装着時は軽く押込むだけですが、取外す時は大変です。逆爪になっている上に、数が多いです。二人掛かりで慎重に作業しても、ほんの僅かな手違いで、どこかが切れます。切れない部分を透かして見れば、全て歪みが発生しています。このクラスの仕上り要求は厳しいですから、とてもじゃないが再使用できません。バンパーカバーを新品交換すると、付属品や作業工賃を含めて、軽く40万越えですこのクラスに乗る方は、庶民と感覚が違います。自分だったら、修理なんかしないで、お小遣いに回します


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2015.09.16 Wed
 先週は、講習会で体験した【炙りだし】技法を、仕事を終えてから皆で反復練習していました。頭にイメージが残っているうちに行わないと、ただ見ただけ、知ってるだけとなります。理屈自体は単純です。鋼板に熱を加えれば伸びが発生し、冷やせば縮むという、ごくあたりまえの現象を利用します。適正な温度の熱を、必要とする部位だけに掛ければ、ハンマーやドリーを使わなくても、かなりの形状復元が可能です。しかも鋼板の素性を変化させませんので、強度や耐久性の減少も発生しません。パネルの裏焼きもありませんから、錆の発生は最小限で抑えられます。

 講習時に杉山先生から、「質問は無いですか?」と何度も言われましたが、実際に作業してからでないと、質問も出てきません。炎の調整やガス圧、火口の番手、温度管理の目安、急冷時のタイミング等、疑問も多いです。皆で試行錯誤しながら試してみました。既に実作業にも取り入れ、使いだしております。技法のベースは、リペゾウの親父の時代の古典的手法ですが、当時、あそこまで考えている職人はいませんでした。時代の中に埋もれていましたが、高張力鋼の普及に伴い、今後は再普及していくと思われます。応用の幅も広く、有意義な技法です。

 反復練習(1) 復習 (2)  

 復習 (3) 

 復習 (4) 

 MASAやんの作業ですが、エクボ程度の単純な凹みなら、綺麗に復元します。サフ処理で対応できて、パテは必要ありません。塗膜のパールベースの変色から見て、200℃以上の温度が掛かったと思われます。もっと温度を下げても、形状復元できそうです。条件を変えながら試してみます



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2015.09.09 Wed
 静車協(静岡県車体整備協同組合)には8支部があり、通常の組合活動は各支部単位で行います。年に1度だけ、静車協企画委員会が主催し、全会員のスキルアップと標準化を目的とした統一講習会を開催しています。今年度は、厚生労働大臣より「現代の名工(日本の名工)」と認定された杉山裕二氏を招いて、外板板金作業の基礎がテーマの1日講習です。先週日曜日には、三島の(有)GIP BodyWorksさんで、東部会場が開催され、来る11月29日には、藤枝の(有)わしの自動車さんで、西部会場が開催されます。日車協会員さんなら、他県の方も受け入れます。興味があれば、静車協事務局まで、ご連絡ください。

静車協 sizsyakyo.jp/
(有)GIP BodyWorks www.gip-bodyworks.com/
(有)わしの自動車 www3.tokai.or.jp/washino/

 東部会場のレポートです。組合員の参加者は55名。他に賛助会員さんらがオブザーバー参加し、総勢65名の盛況となりました。組合員の講習参加者には、静車協より、講習終了証が発行されます。リペゾウは、当日の司会兼進行役です。

 座学 (1) 座学 (2)  座学風景

 実技 (1) 実技 (2) 実演風景 

 実技 (6) 実技 (3)

  実技 (4) 実技 (5) 体験実習風景

 講師の杉山氏ですが、気さくで話題豊富な方です。受講生を飽きさせないし、合間に垣間見せる技術が素晴らしかったです簡単そうに実演しますが、難度は滅茶高いです。受講生も同じ職人ですから自然と前のめりになってきます。刺激のある、有意義な講習でした。開催にあたり、ご尽力いただきました皆様には、感謝しております。ありがとうございました。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2015.09.02 Wed
 日産テイーダのリヤバンパ取替作業で、保険対応です。着工前画像と事前見積書を画伝したところ、担当アジャスターのSさんから、電話がありました。以下、応答形式で書きます。

Sさん 「内容に問題無いですが、1点だけ確認したいです。」

りぺ  「何ですか?」

Sさん 「リヤナンバーの再封印作業が入っていますが、テイーダはナンバーを取り外さなくても、リヤバンパ交換できると思いますが。」

りぺ  「そうかなぁ?滅多に作業しないから分からないけど、外から見た感じでは、先にナンバーを外さないと無理っぽいよ。」

Sさん 「ナンバーのブラケット部が、角度を変えられる構造になっていると思います。だからナンバーを付けたままでも、バンパは外せるみたいです。他の工場さんにもお願いして、皆さんにやってもらっています。」

りぺ  「実作業して、言ってるとおりなら、精算見積書の項目を消去するよ。」

Sさん 「宜しくお願いします。」

 てな訳で作業に入りましたが、やはり駄目でした。下記写真をご覧ください。

 06_20150705151013295.jpg  ブラケット下部中央に固定クリップが

 このクリップが無ければ、Sさんの言う通りも可能ですが、クリップの上にはナンバーが密着して被さっています。ナンバーを外さない状態で、このクリップを外すにはナンバーの下半分を折り曲げて隙間を作り、クリップを外す→作業を終えたらクリップを付けて、折り曲げたナンバーを、慎重に手間暇掛けて元の形状に戻す→痕跡を残さない様に作業するのは可能か→でも普通に再封印した方が簡単だぞ→封印を壊そう→文句あれば、日産に向かって言ってもらおう→俺のせいじゃない他に選択肢は無いと思いますが?



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと