車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2015.04.29 Wed
 先々週にお伝えした、エネルギー庁の省エネルギー設備導入補助金です。4月22日に終了しました。総額800億の枠が、公示から1ヵ月ちょっとで満杯です。想定の範囲を越えました。かなり早くから動きましたが、導入予定機器の性能証明書が出てこないやっと発行されたのが22日。証明書番号が分かったのが23日。証明書発行番号を打ち込んで、申請書類を作り上げて郵送しようとした時点で、打ち切りの情報が入りちょっと悔しかったです

 それにしても、機工協って団体に対しては、不信感でいっぱいです。自動車整備関連機器の性能証明書は、この団体からしか発行されません。動きが鈍過ぎて、補助金の大半は、他の業種に獲られてしまった感じです。自動車鈑金塗装業界の足を引っ張っるとは、彼らは何を考えているのでしょうかとにかく結果を見てから、自省してもらいたいです。

 まぁそんなわけで、今年度の補助金は諦めるしかない状態となりましたが、予定通りに計画は続行します。お金は全く無いですが、誰かが用意してくれる筈。自信の根拠は何かと言ったら、凄くワクワクするからです。この1ヵ月間、せっせと事業計画書を作っていました。自分で言うのも何ですが、ユニークで、他人がやらないスタイルを目指します。実現できるかどうかは未知数ですが、最初の1歩を踏み出さないと分からないし、予定通りに進んだら、自社だけでなく、回りも喜ぶ筈です。

 リペゾウは、基本的には計画しないタイプです。何十年前には、様々なセミナーに通って、せっせと経営計画書を作ったりもしましたが、自分に合わない事を痛感しました。先に計画を作って、それに合わせて動こうとすると、全く楽しくなかったです。人生は楽しい事が大切で、会社を大きくしたり、お金持ちになったり、社会的地位を究めたりは、おまけみたいなもの。楽しいから、死ぬ直前まで働くつもりだし、今回もワクワクするから続行します

 自作の事業計画書の、表題を列挙します。1 企業概要、2 市場動向と顧客ニーズの分析、3 自社や自社の提供する商品・サービスの強みの分析、4 経営方針・目標と今の現況分析・問題点の分析、5 今後5年間の業績目標、6 具体的な事業プランといったところです。これに添付資料として、旧工場の改築概要図、新設工場の概要図、追加導入設備の補足説明等です。かなりのボリュームになりました。連休中に全て見直して、休み明けから銀行等と折衝です。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
2015.04.22 Wed
 外車の部品ですが、エンドユーザーが想定する以上に高い場合があります。ホームページを見てご来店した、Mさんの場合もそうです。拝見した瞬間に、「これだと、部品だけでも30万を越えますよ。」と説明したら、既にデーラーさんで見積してもらっていて、驚いたとの話です。通常なら保険修理ですが、事故有等級での割増を考慮すると、50万の修理費でトントンという話です。ここ1年間、似たような話が多いです。高級車だと、保険料自体が高いですからね。

ボルボ (1) 

 作業内容は、Frバンパー修理・左ヘッドランプ修理・左Frフェンダー修理です。予算15万の範囲内で、作業内容・仕上がり共に、お任せコースで請け負いました。難易度が高いのが、左ヘッドランプ修理です。写真では分かり辛いと思いますが、左サイドに、かなり深く傷が入っています。400番から始めて、最終1000番まで、損傷部に研ぎをかけました。削ったのは20μくらいですので、機能的な問題は発生しない筈です。メーカー基準では、全て交換です。

 ボルボ (2) 左写真は、上塗り前です。深い傷も、殆ど消えました。

  ボルボ (4)  ボルボ (5) 上塗りして復活

 左Frフェンダーは、先端部だけを部分塗装。ボデー色が黒でも、処理方法さえ誤らなければ、経年変化でも、ボカシ際が出るような事はありません。修理したFrバンパーと左ヘッドランプを組み付けて完成です。

ボルボ (6) 

 引き取りに来店したMさん、驚いていました。通常使用の範囲内での塗膜の異常は、全て保証します。たぶんですが、デーラーに持ち込んでも、修理してある事自体に気づかないと思います

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2015.04.15 Wed
 昨年度末、エネルギー庁から、興味深い補助金が発表されました。中小・零細・個人事業主が対象で、最新モデルの省エネ機器等の導入資金の、最大1/2が補助されます。補助金に返済義務は、ありません。A類型の予算は800億程度で、随時受付の随時審査。予算が無くなりしだいに終了です。自動車鈑金塗装業に必要な、溶接機・コンプレッサー・圧送式ブース・乾燥機・リフト等の、各種機器も対象に入ります。

 www.meti.go.jp/main/yosan2014/hosei/pdf/01.pdf

 3月16日の日曜日、東京新宿で、第1回の説明会が開催されました。前日夜から新宿入りして、受付開始1時間前に会場到着。既に行列です。受付開始30分で、1400人収容の会場が満席100人ほどが立ち見です。入りきれない方々は、午後2時からの説明会に向けて、行列を作り始めました。静かな中で、まぁ凄い熱気でした

 全ての業種で言える事ですが、昔と比べると儲かりません。時代の移り変わりも早い状況下での、自己資金だけでの投資は、危険が伴います。多少の面倒くささはあっても、補助金を利用する事で、リスクを軽減できます。チャレンジするだけの価値があります。リペゾウも、今回の補助金を貰う事を前提に、事業計画書を作成中です。図面を書いたりしているうちに、ワクワクしてきました。

 余分な現金は全く無いけど、金は天下の回り物だし、まぁなんとかなるでしょう。以前に会社で土地を購入した時も、仮契約してから、取引銀行に相談しました。「貯金も無いし、追加担保も出さないけど、期日までに土地代を払わないといけないから、すぐ用意してね。」と言ったら、「あなたは、おかしい。先に資金を準備してから買うのが順番でしょう。」と言われました。

 そんなのは平時の話ですよ。安いと思ったら即買って、高いと思ったら即売る。これが商売の鉄則。躊躇してる間に、話は全て流れます。逆に説教して、「保証協会を入れるのも駄目。俺自身が保証書。それくらいの金を信用貸しで用意できないなら、お宅とは二度とつきあわない。」と滅茶苦茶言って迫ったら、期日までに用意してくれました。少し高めの金利だったけど、保証協会も入れてないからなぁ約束どおりに全額返済しました。もう30年以上、この調子でやっています。今回も流れに身を任せて、生成対応していきます



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2015.04.08 Wed
 今日は素人さん相手の、基本的な話です。当り前過ぎて、プロにはつまらない話です。先日、異業種の方と歓談中、出てきた話題です。

 彼は所用で、頻繁にレンタカーを借ります。高速を数百キロすっ飛ばして目的地に着くと、事前に用意していた専用の特殊タイヤに履き替えます。所用を済ませると、また元のタイヤに履き替えて、高速を数百キロすっ飛ばして戻る事を繰り返しています。高速走行の途中でタイヤが外れないよう、十字レンチで、これでもかというほどホイールを締め付けるという話です。聞いた瞬間この方は、きっと何かに守られているのでしょうが、大変に危険です。絶対に真似をしないようにしましょう

 ホイールは車種ごとに、適正な締め付けトルクが定められています。締め付けが弱すぎても、強すぎても、どちらも危険です。適正トルクで締め付けた状態が、最もバランスが取れた状態であり、ナットが緩みにくい状態となります。ナットを緩める時は十字レンチで充分ですが、締める時にはトルクレンチが必要です。ホームセンターで売っている物で充分です。購入して、使用しましょう。

 先日も、ブレーキパット交換で預かったお車のホイールを、外そうと力を入れた瞬間、ハブボルトが折れました。常に適正値で絞めているなら、通常は起こらないです。高速をすっ飛ばしている最中に、こんな状態になったら悪夢です。お車の車検証入れの中に、車種ごとの取扱説明書が入っています。索引で、ホイール(タイヤ)の交換等で引いてみてください。適正トルクが記載されています。通常の普通車なら、10~12キロくらいの数値が設定されています。成人男性だと、60キロ前後は体重があります。十字レンチに全体重を何度も掛けるような状態は、明らかに過剰トルクが掛かります。ヤバイです。

 締め付け過ぎ (1) 締め付け過ぎ (2) 

 ハブボルトだって、折れる時もあるさ。ハブボルトだもの。(りぺみつお)


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
2015.04.01 Wed
 今日から新年度です。昨年度は概ね好調でしたが、最後の最後、3月に入って躓きました。片っ端から大破で、全損絡み見積や損保さんとの対応だけが忙しく、肝心の現場は暇こいている状況が続きました。通常の半分の売上で、月半ばくらいからは気力も失せてきて

全損N-BOX 全損ヴイッツ  大破ばっか

全損 アルト   全損セレナ   代替ばっか

 写真は差し障りの無い車両だけで、中には国産車で軽く200万越えの損害額もありました。見積書作成にも時間が掛かります。単純に数字を入れるのではなく、あらゆる面からの整合性チェックが必要です。手間暇掛けて見積って、アジャスターさんと話し合って協定します。損害額を認定するまでのコストは、修理を任せてもらうのが前提ですから、基本的には無料で行っています。さすがに片っ端から代替となりますと、鈑金工場としては辛いです。買換えたくなる気持ちも分かるし、仕方ないところですが

 一昨年の保険の料率改定までは、鈑金一本の専業工場でも、経営し続けられる自信がありましたが、時代に合わなくなってきた実感があります。勇気を持って踏み込むそんな時期に入りました。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
Template by まるぼろらいと