車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2012.01.25 Wed
 上野の国立西洋美術館で、[ゴヤ展]が開催されています。今回の目玉は、40年振りに来日した『着衣のマハ]。ゴヤの代表作であると同時に、美術史に残る名作でもあります。このチャンスを逃したら、たぶん本物を見る事は無いだろうと思って出かけました。今月は時間も、お小遣いもピンチです

 ,ゴヤ 看板  美術館前の大看板

 上野は年1~2回のペースで訪れていますが、今回は雰囲気からして違います。日本中から美術ファンが集まってきてるのでしょうか、想像以上に混んでました。入館してから、お目当てのマハを見るまでに1時間。かなり疲れました。リペゾウの見たマハの印象を一言で表せば、生々しいです。生身の女性を直視してる感覚で、美の対象が神から人に降りてきたエポックメイキングな作品である事を実感です。宗教界からの糾弾で、長期間、蔵に封印されたのが納得できます。

 今回の展覧会で、予想外に心に残ったのは、素描帖等の小品です。当時のスペイン画壇の頂点に立ちながら、形式よりも個の内面性を追求していく画歴は、矛盾に満ちています。近代絵画を先取りしたような絵を見ますと、ゴヤの天賦の才の豊かさを感じるとともに、もう一世代後に産まれたら、どんな絵を描いたのかと興味が尽きません。ゴヤが最晩年の自画像に書き残した言葉、「それでも俺は学ぶぞ」 これって凄いですよね 晩年の生活は不遇だったと思われますが、心の中で炎は燃え盛っていたんでしょう。

 リペゾウ、若い頃から絵が好きで、理屈抜きで見ているうちに様々な事を覚えました。多くの画家の、生を燃焼し尽くしていくような生き様には魅力を感じます。そして良い絵は美しい自然と同様に、明日に生きる活力を与えます。皆さんも是非、親しんでいただければと思います。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
スポンサーサイト
2012.01.18 Wed
 N社長と誘い合い、日光で合宿予定でしたが、場所を直前変更。日光のステーキハウスに寄る気満々でしたから、少し残念ここの肉は、マジに美味い  http://g-wagyu.com/

   肉  去年食べた、お肉の記念写真です


 てな訳で、今週末も東京都内で過ごしました。仲良しのちゃんと子を誘い、三人で同行。一泊二日で[自分探し]をテーマにした合宿です。解っているようで解らないのが自分自身。何かの機会がなければ、縁の薄いテーマです。文面ではセミナーの詳細を伝えきれませんが、触りののポイントを3点だけお伝えします。

 人間は外界から情報が入ると、先ず肚で判断する。その判断が0.35秒後に脳に上がり、脳で解釈する。

 肚から脳に伝わる0.35秒間に感情が加わる為、正確な判断が阻害される。色眼鏡で見た状態になる。

 正しい答えは全て自分の中にあるが、それを引き出すには感情を透過する必要がある。

 意味不明の話しから始まり、感情の素因や種類、流し方の具体的方法等に進み、最後はディスカッションで締めくくりです。今回のセミナーは、自分探しの旅の始まりでして、覚えた事を継続する必要があります。お金は掛かりませんし、手間も大した事は無いです。2~3年は継続して、自分の様子を見る価値があります。

 最終日の夜は、N社長の友人でもある親方の飲み会に参加です。お相撲さんと飲むのも初体験この2日間、ほんと楽しませてもらいました。 

 吉風    お腹をナデナデさせてもらい、関取と記念写真



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2012.01.11 Wed
 今年度の静車協の県事業である組合ホームページのリニューアルが終了し、昨年末に本アップされました。 今回のリニューアルのテーマは、[明るく・楽しく・親しみやすく]です。これまで全国どこの県組合のホームページを見ても、とにかくお堅いと言いますか、業界関係者以外で積極的に覗く人はいなかったろうと思われます。そのような現況ですから、静車協のホームページは異色であり画期的です 試しに覗いてみてください。  http://sizsyakyo.jp/

 私の会社も、ホームページを作成してから2年が過ぎました。この2年間でホームページをキッカケにした多くの出合がありましたし、その中で単純な意味の集客とかの範囲を超えた、業界全体の抱えている問題点が明確になってきた感があります。我々業界人と生活者(一般消費者)の意識のズレは、想像以上に大きいです。

 業界誌等を覗けば、顧客を満足させる為には更なる技術アップが必要とか、その為に設備投資が必要とか、小奇麗な接客スペースが必要とか、様々な事が書かれています。技術が高ければ売りやすいのは事実ですし、設備によって技術レベルがアップするのも事実です。工場や事務所の外観も綺麗な方が好ましいのも事実ですが、木を見て森を見ずという諺もあります。集客は全くの別次元で考えるべきです。例えば技術力と集客力の間には、業界人が思う程に密接な因果関係はありません。

 そして経営者視点から言えば、勝負時は別として、通常の投資はバランスシートを崩さない範囲で行なうのが正常です。投資額が増えれば回収金額も増えます。最終的には、全てを顧客が負担するわけです。そこを目に見えるような形で回収するか、目立たないような形で回収するかの差だけ。業務を通じた社会貢献を考えれば、修理費は生活者の価値観に合わせたリーズナブルさを追求すべきです。

 勢いのまま書いていたら、話しが逸れました。組合ホームページですが、骨格部分は完成しましたが、肉付きはこれからです。ドンドンと変化していきます。それに合わせて組合自体も変わっていきますので、楽しみにしていてください。 それから最後にホームページ作成に関連した事業として、静車協の会員有志10名程で、スピンオフセミナーを月に1回、東京で開催しております。先日、セミナーメンバーの新年会があり、リペゾウも飛び入り参加させてもらいました。場所は東京の六本木にあります[金魚]  http://www.kingyo.co.jp/  ここのショーは一見の価値あり。何度見ても楽しいです

 mini_120108_2036.jpg 美女?に囲まれ、ご満悦の北斗の男IとM也

 組合員でセミナーに興味のある方は、組合事務局にご連絡ください。東京ナイトツアーはオプションです。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:お知らせ - ジャンル:車・バイク
業界近況    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2012.01.04 Wed
 新年明けまして、おめでとうございます。皆様、如何お過ごしでしょうか。リペゾウは元旦だけはノンビリと寝正月で、2日からは、あちらこちらと動き回っております。所用で東京に出たおり、銀座の小さな映画館で[エルブリの秘密 世界一予約の取れないレストラン]という映画を見まして感動しました。

 エルブリは、スペインの三ツ星レストランです。45席しかないシートに世界中から年間200万件の予約希望が殺到する、世界一予約の取れないレストランでした。絶頂の最中、2011年7月をもってレストラン業務を終了し、伝説となります。 この映画はエルブリの厨房に密着したドキュメンタリー映画ですが、最初から最後まで、画面全体に独特の緊張感が漂っています。とにかく、 シェフ達の料理に懸ける情熱には圧倒されます。信じ難い事に、営業はシーズンの半年だけ。残りの半年は、来期に提供する料理の試作に明け暮れる日々を送ります。この試作が半端じゃなく、もの凄い。ここまでやるか

 リペゾウも職人で、ブログのタイトルに「命をかける」なんて入れてます。普通の職人さんに比べたら、鈑金塗装という業務全般に渡り、入れ込んできた自負があります。人生のかなりの部分を仕事に費やしてきましたし、ここまでやって、お客様が来ない暇な日が一日でもあるなら、もうこの仕事に向いてないから廃業した方がいいと思ってきました。そのくらい入れ込んできましたが…彼らに比べたら甘い素直に反省です。改めて頑張っていこうと思います。

 それからオーナーシェフのフェランの言葉が、また深ったです。「美味い不味いは、後で考えよう」「美味いだけでは意味が無い」とか。単なる技術オタクではない拡がりがあります。常に顧客目線を意識した上での創作であり追求を感じさせます。よくある職人のパターンに、自己満足の世界に落ち込む人がいます。 「俺はこんなに上手いのに、この凄さを周囲は理解してくれない」てな感じで、怒りの塊みたいになってる職人さんです。どんなに技術が優れていても、こんな店には行列ができません。社会性が無いですもん。

 残念な事に、この映画は大都市でしか上映されない様子です。全国の職人さんには是非、レンタルビデオで見てもらいたいです。業種は違っても、職人としての心意気は同じです。

http://www.elbulli-movie.jp/

 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画
ご挨拶    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
Template by まるぼろらいと