車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.09.29 Wed
 8年前に大破修理した車がクレーム入庫です。クリヤーが、所々、剥がれて、汚い状態です。 

  層間剥離 1   層間剥離 2

 当時、ボンネットは新品パネルと取替ました。新品パネルに2液型のサフェーサーをコートして、乾燥後にサンディング。下地を作ってからカラーベースコート、クリヤーコートと,3層で塗り上げました。現状は表層のクリヤー層のみが剥離してます。その下のカラーベースには異常が見受けられません。試しに、暫くの間、シンナーを浸したウェースを表面に放置しましたが、軟化する様子は見受けられません。カラーベースは完全硬化しています。

 今回のような症状を、専門用語で層間剥離と呼びます。補修塗膜は仕上がるまでに、何段階もの工程を踏みます。金属素地表面の処理から始まり上塗り最終工程の塗装まで、最低でも3層です。色によっては6層以上の塗り重ねをして仕上げます。塗り重ねていく各塗膜は、それぞれ異なった役割を持ちます。この塗膜同士の相性が悪いと、今回のような層間剥離が発生すると言われます。しかし… どう考えても原因が解りません。15年前から、うちの工場では下地から上塗りまでRM社の製品で統一されてます。同一メーカーの製品は層間剥離しないよう、事前に相性チェック済みです。通常、今回のような層間剥離が発生するのは、A社のパテ、B社のサフ、C社のカラーベース、D社のクリヤーというような、異なったメーカーの製品を混ぜて使用するケースです。何故だろう

 実は今回と同様のクレームを、ここ1年ほどの間に3台も受けています。3台とも、ほぼ同時期に修理しています。この時期より前に修理した車で異常は見受けられません。7年前の仕事にも9年前の仕事にも、自分の把握している範囲では、問題は発生していません。8年前の一定期間の修理だけに塗装クレームが集中しています。
 最初の1台目の時は、8年前に自分が何のミスをしたのか真剣に悩みました。工程ごとのマニュアルを厳密に守っています。硬化剤等も、秤で重量チェックしながらの混入です。カンに頼ったりしません。それなのに発生しました同じパターンで3台となると… 疑問は尽きませんが、いくら8年経過しているとはいえ、職人として、自分の修理した車が、この状態は恥かしいです。あと何台くらいでしょうか?  心理的には、かなりキツイですただ今回の件では、お客様というものはアリガタイ存在だなと、改めて感じています。

 私から黙って去っていくのではなく、セカンドチャンスを頂きました。頑張るしかありません



FC2ブログランキング参加中一回、ポッチィしてください。よろしくお願いします

   


スポンサーサイト
テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2010.09.22 Wed
 静岡県東部に住むリペゾウにとり、箱根は身近なスポットです。身近すぎてエリアの魅力にも鈍感で、遊びに行く事も少なくなりました。連休中も他地区にドライブ予定でしたが、急遽変更箱根に向かいました。お目当ては箱根スイーツ・コレクションです。
 
 毎年、秋の2ヶ月間、箱根エリアの各参加店舗が、やさしさをテーマに作成した自慢のオリジナルスイーツを提供します。普段は同地区の飲食店どうし、あるいはホテルどうしですから、同業種で、お客さんを奪い合っている仲だと思います。競争相手と組んで一つのイベントを開催する事で、競い合いの次元を変え、結果として箱根エリア全体の付加価値を上げる事に成功しています。

 身近に観光地が沢山あります。道路も整備され良くなりました。長野あたりまで日帰りで遊びに行く事も可能です。でも今回は箱根です一度に全部のお店は回れません(食べれません)。とりあえず1店舗、お伺いしたんですがここが想像以上に凄かった 。

 千石原のラリック美術館内にあるカフェレストランLYSです。美術館併設のレストランはオマケみたいものだと思ってましたが、ここは違います。テラスで食事しましたが、ロケーションが抜群です。ウェーターさんの態度も良いです。これで食事自体が美味しいければ最高だなと思っていたらなんと本当に美味しいじゃないですかしかも最後のスイーツときたら

 リペゾウは結構にウルサイです(鍛えられています)

 アントルメ・グラッセ  アントルメ・グラッセ 最近、食べた中では最高です


 箱根の魅力、再発見で満ち足りた一日でした。期間中に他の店も伺いたいです。

 ラッリク 1  ラリック 2

 ラリック 3  カッコイイけど走るのかなぁ?




FC2ブログランキング参加中一日、一回、ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2010.09.15 Wed
 事故から一ヶ月経過の段階で、相手側損保から提案がありました。

「過失割合で、Wさんを被害者側にするような事はしません。ですからWさんも保険対応していただきたい」

 正直な話、気持は揺れ動きました。先の見えない膠着状態から抜け出せます。現状は支払い方法の目処がつかないため、購入を決めていただいた車を引き渡す事もできません。代車を貸し出したままの状態です。代車が足りないので、レンタカーも借りています。提案を受け入れれば、代金回収の目処が立ちます。でも断りました。自分がWさんなら納得できません。自分が納得できない話しを、他者に勧めるのは嫌です。

 事故から二ヶ月の段階で代車を引き上げ、代わりに、購入していただいた車を整備、名義変更して引き渡しました。代金は未回収です。一歩間違えば代金回収に相当の日数を要する危険があり、かなり迷いました。在庫車とは言っても売れない車ではなく、人気の高いエース級です。いい方向に向かうはずという、カンを信じて賭けました。

 事故から三ヶ月目、半ばに警察からWさんに連絡がありました。目撃者の届出が複数あり、調書も取り終えたとの話しです。即座に相手側損保担当者に連絡事態は一気に動き始めました

 今回の件で、改めて考えさせられたのは自己防衛の必要性です。世の中、良識のある善人ばかりではありません。相手が非常識な主張をしてきた時、それに反論していくためには証拠が、それも確固たる証拠が必要になります。 

 トラブルが発生した時、「出るところに出て決着をつけよう」などと言う場合がありますが、裁判しても証拠が無ければ、白黒は簡単につきません。ずっと平行線です。現実的に考えれば、どちらが良いか悪いかではなく、どこで折り合いをつけるか、という話しをするしかないのが現状です。

 今回は、 たまたま目撃者が見つかりましたが、目撃者が現れなかったら…考えただけでもゾッとします。静岡県内だけでも、大小合わせますと、1日数百件もの事故届出があるようです。人身が絡んだ重大事故でもないかぎり、目撃者捜索を警察に期待するのは無理がありますお巡りさんも忙しいです

 保険に加入するなら、車両保険まで入りましょう。弁護士特約は必ずつけましょう。ドライブレコーダーの設置は有効です。事故に遭遇した時、余裕があれば周囲の車のナンバー等を携帯で撮影しときましょう。証拠の確保が必要です。寂しいですが、自分の身は自分で守るしかないようです。



FC2ブログランキング参加中一日、一回、ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

2010.09.08 Wed
 相手側損保の担当者から「Wさんも保険を使ってくれ」との話しがありました。当方は過失無しを主張していますから、これは一蹴しました。互いの主張が正反対である以上、警察の事故調書が、関係者双方の判断基準になります。Wさんと、同僚の目撃者の再検分が行なわれました。次は相手側運転者と同乗者の再検分ですが、一向に行なわれる気配がありません。代わりに立て看板が設置されました[信号無視の車両による事故が発生しました。目撃した方はご連絡ください]等が書かれています。

 目撃者看板

 察するに、警察サイドから見れば、この事故は一回目の検分が終わった段階で全てが確定し、調書を作成するだけの状態にあったと思います。相手側運転者が、巧妙な理由付けをした異議申し立てをし、再検分をせざるをえない状況になった事は、警察としても望ましくない状態だと認識している様子です。相手側運転者と同乗者を再検分する前に、関係者双方と無関係の目撃者を見つけだし、証拠固めをした上で、相手側の再検分をするつもりではないでしょうか。 Wさんと紹介者のS君に当方事務所に来ていただき、今後の対応について相談しました。先ず現状の確認です。

1 相手が信号無視したのは確実と思われるが、否定している状態である。

2 相手の信号無視を立証する責任はWさん側にある。

3 相手側損保は、自社の契約者からの申告に基づき行動するので、損保担当者に苦情を言っても無意味。

4 第三者の目撃者が見つかれば、一気に問題は解決すると思われる。

5 事故は、幹線道路の交差点で通勤時間帯に発生している。目撃者が見つかる可能性は高い。

6 仮に目撃者が見つからなくても、最終的な事故調書はWさんに有利な形で提出されると予想される。

 以上の事から考えて、最終的にはWさん有利で決着するだろうが、相当に長期化すると思われる。故に、当方で貸し出している代車は一定期間で回収させてもらい、次の車を購入してもらいたいと提案しました。
 友人のS君から「相手の無茶苦茶な対応で迷惑しているのだから、代車は継続して貸し出してもらいたい。請求は相手側損保に全てすればいいのでは?」と提案がありましたが、これは却下です。

 代車代に関して保険で保障する範囲は、一般的な買換えに必要な期間だけです。数ヵ月後に信号無視が認められても同様です。一定範囲を超える代車代は、相手側運転者に民事で請求するしかありませんが、100%認められるとは思えません。また目撃者が現れない場合は、代車請求自体を控えざるをえない状態になる可能性もあります。

 Wさんに納得していただき、当方在庫車の中から選んでいただきました。ここで新たな問題が…全損になった車を購入するために有り金を使ってしまい、5万円しか用意できないとの事事情を考慮して在庫車を10万値引、さらに全損車を 下取しましたが、まだ100万以上の残金です。私もボランティアでなく商売ですから、これは困った
 
続く



FC2ブログランキング参加中一日、一回、ポッチィしてください。よろしくお願いします



2010.09.01 Wed
 年間数百件もの事故に絡む仕事を30年以上も続けていますと、常識では考えられないような光景を目にする事が多々あります。ごく普通のサラリーマンなんかしている友人に話しますと「そんな奴いるわけ無いだろう」と一蹴されてしまいますが、実際に変な人がいます。そんな1人に、ここ3ヶ月近く悩まされてきましたがやっとやっと解決に向かい進みだしました。  思わせぶりな前置きが長いですけど、3ヶ月近くイライラを押さえて我慢しました。日常に潜む危険について、考えさせられる面もあり勉強になりました。

 始まりは梅雨の最中、6月。朝イチで電話です。友人が事故に遭い、3日前に買ったばかりの車がメチャメチャとの話し。警察を呼んで事故検分中との事で、すぐさま事故現場に向かいました。着いて見たら、これは酷い

 タント全損  後ろ1/3が抉り取られたような状態一目全損デッ

 バイパスで右折しようとして待機、右折→信号が出て、3車線のうち2車線で対向車が停止、右折し始め、あと少しで右折しきれると思った瞬間、一番左側の車線からトラックが飛び込んできて、車の後方に衝突両車とも全損です。
 偶然にも、被害者の同僚の方が事故を目撃していました。相手側運転者と同乗者も、信号見落としを認めている様子です。車は全損ですが、幸いな事に打ち身程度の怪我で済みましたし、相手側も対物保険に加入してます。今後は保険対応になる筈ですから、被害者のWさんには「不幸中の幸いで、気持を切り替えて次の車を探そうよ」とアドバイス。とりあえず代車をご用意しました。ところが…

 週が変わり、相手側保険会社のサービスセンターから電話です。 「当方の運転者は、交差点に黄色信号で入ったと言っています。通り抜けられると思ったら、そちらの車が飛び出してきて事故に遭ったという話しです」ハァー…当方、あ然です。  

 事故の当事者双方の話が食い違う事自体は珍しくはありません。自分を正当化したい気持もありますし、今の風潮でしょうか、権利意識の強い方が多いです。しかし、これほど話しが違うのは驚きです。当方側の主張は信号無視で、相手側の主張は進路妨害です。話し合いの進展如何では、被害者と加害者が逆転します。相手側運転者と同乗者は、過日実施された事故検分に対しても異議を申し立て、認められたとの事です(巧妙な手を使いました)ここからイラつく日々が始まります。

続く


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
Template by まるぼろらいと