車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2010.02.24 Wed

 納期の決められた仕事も一段落しました。さっそく購入済みの水性塗料を取り出し、第一回目の実車トライアルです。購入前に何度も塗料メーカーのデモを見学しています。水性といっても塗料です。なんとかなるだろうくらいの軽い気持でスタートしたのですが …

 オニキス調合中  

 実際に使用して驚いた事は、塗料の粘度の高さです。想像していた以上にマッタリとしています。感覚的にはフィラー(サフ)と同じくらいです。マニュアルどうり希釈しても、従来の溶剤型塗料に比べ相当に濃いです。

 ミラベースコート塗装作業   ミラベースコート乾燥作業
 
 水性塗料専用ガンで拭きつけ、1回ごとにエアブローし水分を抜きます。水分が必要量以上に残っている状態では、クリヤー塗装後の乾燥時にブリスターが発生し、塗装やり直しです。専用のダスターガンを使用すると、想像以上に早い速度で、水分が抜けていきます。終日雨降りで、湿度計で55%以上の悪条件でしたが、パネル1~2枚くらいですと、従来の溶剤型塗料との作業時間は大差ないです。

  驚くのは、塗料の使用量の少なさです。想像以上の隠蔽性能で、従来の半分の量で塗れます。溶剤型塗料と比べると、粒子が重いため空気中への飛散も少く、塗着効率が格段に向上しています。

 ミラ塗装作業前  塗装前の状態から一回塗りしたら  ミラベースコート1回目    

 ベースコートが終わり、続けてクリヤー塗装します。クリヤーも環境対策用に新設計されたハイソリッドタイプを使用します。 粘度が高く、従来使用していたサタ社のHVLPガン(NR2000)では塗装肌作りが難しいです。デビ社の中圧ガンを新規購入しました。  

 ミラクリヤー塗装作業    ミラ塗装終了              

 この日は他の仕事を入れず、 終日、水性塗料のトライアルをおこないました。この車も、自分なりに納得できる仕上りにもちこむまで、6回の塗り直しをしました。塗っては拭取り、また塗るの繰り返しです。何度も塗り直しを繰り返すうちに、塗料の特性が掴めてきました。相違点は様々ありますが、特に注意すべき点は一点だけです。塗装周辺部を荒らさないようにする事です。 ダストを発生させ荒らしてしまうと、塗り重ねても消えません。

 汗だくの一日でしたが、水性塗料に切り替えるための目処がつきました。[ダイヤモンド]の在庫調整もありますので、夏休み前後での全面切替を目指します。

  

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

スポンサーサイト
2010.02.17 Wed

 前回に続いてのヘッドランプ修理です。ヘッドランプが破損したままでは走行に差障りがあります。法規上も問題です。しかし安易に部品交換するには高額で躊躇されます。エコの観点からも、修理できる部品は修理したほうがベストです。
 レンズの素材自体が変化しました。10年前ならガラスを成型した物が一般的ですが、現在はPC(ポリカーボネート)のようなプラスチック素材が主流です。素材の変化で、傷の程度にもよりますが修理できる場合が多くなりました。

  ベルタランプ傷

 傷の入ったベルタのヘッドランプです。ダブルアクションのエアサンダーに、硬めのクッションパットを挟んだペーパをセットし研磨します。番手は傷の状態にもよりますが、400番くらいから始めて、2000番くらいで終了が効率も良いと思います。


ダブルアクションサンダー レンズ研摩中

 表面をクリーニング後、専用プライマー、専用クリヤーと吹き付けていきます。乾燥後に磨いたら完成です。

 
レンズ塗装中 ベルタランプ

 レンズ表面を削りますから、当然、レンズの厚みは薄くなります。耐久性等を考えると不安になる方もいると思いますが、心配ありません。レンズは想像している以上の厚みがあります。

レンズ断面 

 破損したレンズの断面にゲージを当てると、2~3mmの厚みがある事が確認できます。傷の深さは、どれくらいかといいますと、多くの場合は数ミクロンです。 ドア等が傷つき、鋼板表面にまで傷が達し、錆が発生しているような場合で50~60ミクロンくらいですか。触ると爪が引っ掛かり、はっきりとした段差が確認できる状態です。レンズ表面に、この様な深い傷が付く時は、多くの場合は、割れてしまいますから修復対象外です。
 1ミリは1000ミクロンですから、仮に表面を20ミクロン削ったとしても、全体の1%以内の研磨量です.問題は発生しないと思います。下の写真は自社代車のムーブのフォグランプです。私でも交換しようか迷う、深い傷を修理してから半年経過しました。今のところ大丈夫なようです。


ムーブフォグランプ 




FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2010.02.10 Wed

 車のフロント周りのデザインを決める上で、ヘッドランプは重要なアイテムです。複雑な形状のうえ、機能的にも光軸レベライザーが組み込まれたりHID化されたりで、ハイテク化されたランプが増えました。それに伴い部品価格も急上昇です。

マークX ヘッドランプ 損傷

 上の写真は18年式マークXの左ヘッドランプですが、表面のレンズが割れています。修理のためAssy交換すると、部品だけで10万円ユニット部のみ交換でも4万2千円と高額です。

 メーカーや車種にもよりますが、このタイプのヘッドランプは、補修用に細かく補給部品が設定されている場合があります。マークXの場合はレンズと各ステ部が補給部品として設定されてます。新品レンズは6千円弱です。交換作業をおこないました。

マークX 新品レンズ マークX ヘッドランプ分解

   補給の新品レンズの形状を確認してから、破損したレンズをユニットから切り離します。レンズとユニットはシーラーで接着されてますので、作業には注意が必要です。無理に抉ると、破損していないユニット部まで壊してしまいます。シーラー部に軽く熱を加えながら、落ち着いて作業します。

マークX ヘッドランプ 修理後 

 
補給部品にセットで入っているシーラーを塗布し、新しいレンズを組み込めば修理完了です。外観も機能的な面でも、新品部品と比べ遜色ありません。修理金額は安く済みますし、再利用によってCO2削減、おそらく3㌔くらいは削減できたと思います。




FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
作業実例    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2010.02.03 Wed
 1月最後の日曜日、仕事も一段落したので休みを取り、東京の国立西洋美術館とブリジストン美術館に行ってきました。どちらの美術館にも、私の大好きな画家、コローの作品が展示されています。一年ぶりくらいの御対面です。

コロー 森の中の若い女

 コローは不思議な画家です。彼の時代、画壇には新古典派、ロマン派、写実派、印象派の4つの大きな流れがあり、殆どの画家は、どれかの流派に分類されます。
 彼はどこにも属しません。属さないというよりも全てを内包しています。古典的で、ロマン的で、写実的で、印象的な画風です。普通に考えれば、大変に中途半端な絵になるはずですが、違和感なく統一された独特の詩情を漂わせています。彼にとって流派は意味の無いものだったろうなと思います。自分の感じるまま、感性に従い描き続けていただけだろうと。

 しかし美術館は良いです。美しい絵や彫刻は、人を元気にします。下の写真は西洋美術館前の庭にあるロダンの地獄門です。この彫刻は屋外で見るほうが数段いいです。この前にあるベンチに座り、眺めながら1時間ほどボーとしてました。

ロダン地獄門

 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
Template by まるぼろらいと