車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.04.26 Wed
 お気づきの方もいると思いますが、当社のホームページがリニューアルされました。ぱっと見は変わりませんが、中身は全くの別物です。完成度30%足らずですが、とりあえずアップできるレベルとなり、交代ということにしました。これから文章や写真を入れ替えたり追加したりしながら、数年かけて完成度を高めていきます。

 以前のホームページを作ったのが、2009年夏です。あれから8年経ちました。ネットの世界の8年は長いです。Googleの基準が何度も変わり、合わせて検索ランクも下がりました。でも愛着があったので、できるだけ弄らずにきました。人間に例えればヨボヨボの爺さんホームページが、最後まで第一線で踏ん張り、最新のと張り合ってくれました。制作元のビジョン・サプライ社には、かなり無茶な要求をしましたが、望みどおりのを作っていただきました。ありがとうございました。 www.vision-supply.com/

 この8年間は、鈑金業界にとって激動の時代でした。予想以上に変化し、世代交代も進みました。当社でも顧客層から業務内容まで、大幅に変化しています。直需主体の経営に変わり、売上の半分近くは鈑金塗装以外の業務です。

 我ながら節操の無い、よく言えば柔軟性のある性格です。時代に合わせて自分も変わり、同時に会社も変えていきます。人に喜ばれる事をやるという、サービス業としての精神だけは変えていません。経歴は現場職人一筋ですが、たぶんサービス業が自分の天職と思います。初対面の方も苦にならないし、接客自体が楽しいですから

 ホームページを作ってからは、老若男女を問わず、多くの方が来店してくださいます。先日来店した方の見積をしたら、こんな事を言われました。「他の店で見積したら、もっと安かった。でもその金額でいいです。あなたのところで修理します。何社ものホームページを見たけど、ここが一番良かった。」この言葉は嬉しいですよ。ホームページに魅かれて来店し、リペゾウに会って得心したという事です。ホームページと自分が、うまくマッチしている証明です。自社ホームページは自分の分身です。リペゾウと気の合う方だけを、強烈に引き寄せます。暇があれば覘いてみてください。かなり自慢できるレベルです。

 bw-alpha.co.jp/ 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



スポンサーサイト
2017.01.25 Wed
 今月も終盤です。 遊んでいた記憶も無いけど、売上は通常の半分かなりヤバいです。整備等の他部門は予想どおりに推移していますが、如何せん本業の鈑金塗装の仕事量が何故か薄いアジャスターさんから「他は忙しいのに、リペゾウさんだけ暇そうですね。」と言われてまぁこういう時もあるさと開き直りです

 静岡県東部地区は黒潮が流れ込む駿河湾と北にそびえる富士山に挟まれているお蔭で、雪はめったに降りません。1年中温暖で、怖いのは地震くらいですか。住むには良い土地柄ですが、その代り自然災害による特需も期待できません。人の不幸は願えませんので、ここは耐えて鈑金塗装以外の部門強化に集中します。仲間内で昨年より進めてきた在庫車両の共有化も、今年からは新しい段階に入ります。時期的に多少出遅れ感がありますが、2月には共同車販キャンペーンに入る予定です。各社の顧客に出すDMの雛形も準備完了。年末に仕入れた車の加修や整備も、1台残すだけとなりました。

 DSCF2060.jpg DSCF2289.jpg

 DSCF4899 - コピー DSCF5033.jpg

 DSCF5007.jpg DSCF2531.jpg  

 他にもリースアップ間近の車両や在庫車が何台もあります。どれを出品しようかと迷います。車って、欲しくて買おうとする時にかぎって高いので、相場より安いと思ったら即仕入れます。鈑金屋なのに在庫台数は中古車屋なみですから、現金足りずに懐は逼迫です顧客に頼まれた車を売るのではなく、既に持っている車を顧客に売るのが、リペゾウの基本スタイル。はまる相手がいなければ、1年くらい平気で寝かせる鈍感さも必要です。たまに裏切られますが、自分の勘を信じます。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2017.01.18 Wed
 年末から取り組んできた補助金申請書を発送しました。ずっと掛かりっきりだったので、一段落してホッとしました。今の自分が出せる全力で取り組み、ここから先は審査員の方々の判断に任せるしかありませんが、、、、、、、できれば補助金欲しいです

静車協浜松支部の会員さんもチャレンジしています。結果が出たら、情報交換を兼ねた御苦労さん会をやる予定です。彼と電話で話しましたが、今回のチャレンジで、自分らの置かれている状況を改めて把握できたそうです。取引銀行の支店長から「想像以上に酷い状態ですね。」と言われたそうですが、リペゾウも担当者から同様のことを言われています。各種の統計値を見ると、目を覆いたくなる数字です。昨年秋に下記ブログを書きましたが、これが業界の大多数の方の現況です。

 断崖絶壁の崖に渡された丸木橋の真ん中で、嵐に遭遇しました。足がすくんで動けません。とりあえず動かないでいれば、なんとか今日明日は過ごせそうです。でも段々と風が強くなってくる気がします。天候が回復しないかなぁと、ひたすら願います。しがみついてる丸木橋を見たら、思っていたより腐っています。時々、ボロボロと欠けて、谷底に落ちていきます。少しづつ丸木橋が、細くなっていきます。この橋は平気かな?早く風が止まないかなぁ?そんな事を考えながら、ひたすらしがみついています。時間ばかり過ぎていきます。

 前に進むしかないです。。アフターマーケット全体が急激に縮小しています。縮小していく市場の中で、自社を他社より魅力的に見せて、互いに仕事を奪いあう勝ち負けゲームをしています。勝者になっても、市場そのものが縮小し続けている状況では楽になりません。過当競争の結果が、整備要員1人当り年間整備売上高の数値に現れています。2005年に約1600万だったのが2014年には1100万以下です。10年間で30%以上も下落しました。業界全体を巻き込んでの消耗戦に、そもそも勝者がいるのでしょうか?

 もう従来発想の経営は限界です。今回の申請では新市場の創造をテーマに、プレゼンテーションさせてもらいました。リペゾウの事業計画書に対し、事業期間中その支援に責任を持って取り組むという取引銀行頭取名での一文と印鑑を頂きました。申請が通ると経産省から、社会に貢献し業界の指針となる革新的事業であるという御墨付を貰えます。先の事を考えれば、補助金以上の価値があります。発表は3月らしいです。申請が通る事を期待しながら過ごしています。
 

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


2017.01.11 Wed
 登録しているメルマガの1つ、竹内謙礼の「ボカン」と売れるネット通信講座」の記事に感心しました。核心をついてると思いますので。転載します。人間の生まれつきの能力に大きな差があるとは思えませんが、発揮されるパフォーマンスに大きな差があるのは事実です。一つの解釈として興味深く読ませてもらいました。更に興味のある方は、次のサイトを参照ください。 http://e-iroha.com/

新年一発目のメルマガは、「大義」についてのお話。辛いことを乗り越えるためには、どうしても大義が必要なんです

最近、中小企業にコンサルティングに行って思うことなんですが、ネット販促やチラシ販促、POP販促についていろいろな提案やアドバイスをしても、結局、「誰がこれを実践するの?」ということで、多くの経営者が躓いてしまうんですね。

つまり、どんなに画期的な改善策があっても、「そんなことをやる時間はない」「そんなことをやる人もいない」「そんなことはやる金もない」ということで、難しいとか、大変だとかという以前も問題で、「できない」ということで頓挫してしまうんです。でも、「できない」では、当然、売上は回復しません。

だから、売上を伸ばすためには、どんな理由があろうとも、必ず「やらなくてはいけない」という現実から逃げることはできないです。では、避けることができないと分かりながらも、なぜ、ダメな経営者は「できない」とすぐに口に出してしまうのか?それは、困難や苦難を乗り越えるための、大義”がないから、すぐに逃げの口実を考えてしまうからなんです。

大義とは、その会社が、存在する理由です。なぜ、この会社は、稼がなくてはいけないのか?なぜ、この会社は、世に存在しなくてはいけないのか?このような疑問に即答できる「大義」がなければ、苦難を乗り越えてまで働く理由がなくなってしまうので、「できない」「やらない」という口実をすぐに作ってしまいます。

しかも、この大義が弱いと、本当に軟弱な会社になってしまうのです。例えば、大義が「生活に困らない程度のお金が欲しい」になってしまうと、「そんなに頑張って働かなくてもいい」という選択になってしまうので、すぐに困難から逃げてしまいます。

また、大義が「子供の幸せのため」だけだと、生活するための経営が目標になってしまうので、儲けようとすることや、社内の対人関係で揉め事がおきてしまうと、すぐに目を背けてしまいます。

毎日、なんとなく楽しく過ごしたい。毎日、不自由なく暮らしたい。こんなアバウトな日々を送っている経営者では、やはり困難を乗り越えるだけの底力は身につかないのです。だから、細かい戦略や販促手法を学ぶ前に、経営者がやらなくてはいけないことは、この“大義”を探すことだと私は思っています。

例えば、この“大義”が、「従業員を幸せにすること」だとした場合。スタッフを幸せにするためには、給料を上げる必要があります。そして、給料をあげるためには、売上を伸ばさなくてはいけません。その売上を伸ばすためには何をすればいいのか?
・ブログを毎日書かなくてはいけない。
・お客さんが毎日気持ちよく来店してもらうために掃除をしなくてはいけない。
・接客の時に大きな声で笑顔で挨拶をしなくてはいけない。
・企画を早目に提案して、DMを出さなくてはいけない。

このように、“大義”さえ明確になれば、何をやらなくてはいけないのか、自ずと見えてくるものなのです。しかし、この大義がないと、
・「なんでブログを毎日書かなきゃいけないの?」
・「なんで掃除なんかしなきゃいけないの?」
・「接客なんて、誰も見てなければ声が小さくてもいいじゃん」
・「企画なんて、いくらやったって売上に繋がらないよ」と、上っ面のテクニックの部分しか理解しなくなってしまうので、どうしても、辛い壁にぶつかってしまうと、すぐに辞めてしまって、長続きしなくなってしまうんです。

そして、経営者自身も、口先だけで「従業員を幸せにすることだ」なんて言っていると、都合悪くなると、すぐに大義をなかったものにしてしまい、自分の感情に流されるだけの、弱い経営者になってしまうのです。

いいですか?経営は辛いことばかりなんです。しかも、小さい会社にはたくさんやらなくてはいけないことがあって、たくさん勉強することがあって、たくさんのストレスがあって、たくさん仕事をしなければ、追いつけないことが山のようにあるんです。だから、本当にすべてを投げうってでも、困難を乗り越えるだけの「大儀」が必要なんです。
「従業員を幸せにするぞ!」
「日本一のネットショップになるぞ!」
「社長を男にするぞ!」
なんでも構いません。嫌なことから逃げ出さない理由を持たなければ、経営者なんて、いつでもサボることができるので、すぐダメになってしまうんです。

そして、その大義は、従業員、一人ひとりがしっかりと理解して、周囲の全ての人が納得しなくてはいけません。なぜならば、その大義を従業員が理解していなければ、全ての行動がバラバラになってしまうからです。そして、従業員も一生懸命、その大義のために働かなくなってしまうからです。

だから、
「有名になりたい」
「お金持ちになりたい」
「女の子にもてたい」
という私腹を肥やす大義は、どうしても従業員がついてこなくなってしまいます。自分自身も納得して、従業員も納得してもらえる筋の通った「大儀」というものがなければ、販促の仕掛けは、すべて薄っぺらなものになってしまいます。

社員教育も、毎日の朝礼も、一生懸命書いているブログも、大義がなければ、全てが“無駄”になってしまうのです。そうならないためにも、2017年は、自分が命がけで働くための「大儀」を見つけましょう。

大義さえ見つけることができれば、どんなに辛い苦難も乗り越えられるようになるので、必ずその経営者は成功します!そうすると、2017年は、さらに面白い年になりますよ。

自分が出版社でサラリーマンの編集者をやっているときは、
「本を作りたい」
「読者に喜んでもらいたい」
という“大義”だけでは、どうしても過酷な労働条件で頑張れなかったんですね。

で、転職して観光施設の広報になった時も、
「お客さんに喜んでもらいたい」
「売上を伸ばしたい」
「自分の給料をあげたい」
という“大義”では、やっぱり頑張れなかったんです。

でも、ネットショップの担当者になって、売上をグイグイ伸ばせるようになってから、初めて、「みんなに“凄いね”って褒められたい」という“大義”で、一生懸命、仕事で頑張るようになったんです。本当にアホな理由で申し訳ないんですが、今思えば、あれが当時の自分の素直な“大義”だったと思います。

そして、周囲の従業員からも「凄いね」と言われて、さらに売上を伸ばして、社長からも「凄いね」と言われて、楽天の社員や、いろいろな経営者からも「凄いね」と言われて、調子に乗って、朝も昼も休日も関係なく、がむしゃらに働くことができるようになりました。

だから、自分がコンサルタントとして独立したときに、
「売上を伸ばしたい」
「従業員を幸せにしたい」
「会社を大きくしたい」
という“大義”はまったくありませんでした。それよりも、やっぱり死にもの狂いで働く大きな理由は、「みんなに“凄いね”って褒められたい」ということが、ブレずに根底にあるんだと思います。

でも。その“凄いね”が、コンサルタントの仕事をするうちに、だんだんと変わってきました。
「凄いね、おかげで助かったよ」
「凄いね、とても面白かったよ」
「凄いね、とても役に立ったよ」
こんな感じで、自分の「凄いね」が、人のためになっていることが、だんだん自分の大義になっていきました。

この積み重ねで、気が付いた時には、「お客さんを幸せにする」というのが、自分の仕事の大義になっていったんだと思います。そして、その大義があるおかげで、頼ってくれる人のためだったら、儲からない仕事もやるし、土日祝日関係なく夜中まで働くし、徹夜して書籍を書き上げたりしますし、仕事やセミナーが終わって、みんなから「ありがとう!」って言われると、飛び上がるほど、嬉しくなったりするわけです。

そんな感じで、みんな僕のように迷いながらも、人生の“大義”を見つけていくんだと思いますよ。すぐに見つかるものじゃありませんから、焦らず、1年かけてじっくり見つけていきましょう。

竹内謙礼の「ボカン」と売れるネット通信講座」より転載 http://e-iroha.com/

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
2016.12.28 Wed
 今年も残り僅かです。やっと現場は片付けモードに入りましたが、仕事納めは30日にずれ込みそうです。リペゾウ自身は驀進中で、このまま年明けとなりそうです。11月末に平成28年度補正予算、ものづくり補助金の公募開始の話が入ってきました。正式名称は「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」です。社会に貢献できる、業界の指針となるような革新的なサービスと認められた事業に対して、必要資金の2/3が支給されます。返済義務はありません。来年度に工場新設予定ですから、補助金が貰えたらラッキーです。公募の締め切りは来年1月半ば。やるしかないとチャレンジすることに決めました。求められる内容を知らなかったので、この時点では意気盛んの怖いもの知らずです

 先に中小企業経営強化法の経営力向上企業の認定を貰うのが有利と聞き、すぐに申請書を作り提出です。これは簡単です続けて補助金申請書の作成に掛かりましたが、こちらは難しい四苦八苦しながらも書き上げて、取引先銀行の地域サポート部の担当者にチェックしてもらいました。翌日夕方には、赤線コメントでビッシリのメールが届きました。コメント内容が半端じゃなく厳しい加点ポイントが、事業の具体的な内容枠だけで10箇所以上ありました。もちろん事前に公募要領は読んでいますが、そんなことは書いてありません。ポイント毎に文章やグラフ等を作成して、全体で一つの物語になるよう組み込まなければいけません。

 とりあえず担当者に(;^_^Aとメールして、申請を取りやめるかどうか再思考です。半端じゃなく現場も忙しいです。車販も順調で、来年早々の球も無くなり、早急な仕入れが必要です。挨拶回りも残っているしやる事だらけですが、難しいからと途中で放り投げるのはいかがなものか?3分ほど考えて、続行を決めました。とにかくやる

 補助金申請をした経験者は多いと思いますが、申請書の大半を自分で作る方は少ないと思います。支援機関のアドバイスはもらうけど、自分で作ります。たぶんですが、そうしないと申請は通りません。自分で書いたら通るのかどうかも分かりませんが、普通の発想で書いたら駄目です。飛躍が必要です。この補助金をサービス業でもらった方は少なく、自動車整備業では殆ど話を聞きません。申請書を作り終えたら、相当にレベルアップできそうです。やるからには、貰うつもりでチャレンジします。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
Template by まるぼろらいと