車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2017.04.19 Wed
 30年以上前の話題で、サフから隣接パネルまで何センチあればボカシ塗り可能か?なんていうのがありました。どんな色も30センチあれば可能という答えが、一般的だったと思います。どんな色でもといっても、当時は色味のはっきりした色ばかりです。3コートパールすら、未だありません。修理したからといって新車に戻るわけじゃないぞと、お客様に平気で言える時代です。塗料はチープだったけど、気も楽でした最近は面倒な色が次々と出てきてでも職人としては30センチあればボカせると言いたいですよね。今回はボカシ塗りのコツについて語ります

 上手にボカシ塗りするポイントは、塗料を乗せ過ぎないことに尽きます。一度にドカンと載せないで、薄塗りで丁寧に塗り広げていく。下記写真はスバル37Jボカシ塗りの記録です。ガンは岩田のLPH80。エアー圧1.8弱.。吐出量は全開設定。ガンのトリガーは半クラッチ状態で、吹き付け面はセミウェットが基本。とまりの良い水性塗料では、パラパラとミストをかけていく感じです。これで充分に塗れます。

フオレスタ― ボカシ塗り (1) 

 隣接パネルとの幅は23センチほど。許容範囲の仕上りにはギリギリです。

フオレスタ― ボカシ塗り (2) 

 サフ部を覆うように、カラーベースを軽く2回連続塗り。塗り込むのではなく、ミストをかけながら広げていく感じです。

フオレスタ― ボカシ塗り (3) 

 乾燥後に一回り大きく、更に1回塗り。これでカラーベースの塗装は終わりです。がっちり塗り込むと、塗装部分だけが白くブチ状になります。2Kだとリカバリー可能ですが、水性では駄目です。拭き取って塗り直した方が賢明です。

フオレスタ― ボカシ塗り (4) 

 必要量のパールベースに、カラーベースを5%混入し、ボカシ塗り専用塗料を作ります。

フオレスタ― ボカシ塗り (5) 

 ボカシ塗り専用塗料で、カラーベース部を覆うように1回塗り。

フオレスタ― ボカシ塗り (6) 

 更に範囲を広げて、2回目。これでボカシ塗り終了です。

フオレスタ― ボカシ塗り (7) 

 ボカシ塗り範囲を覆うように、、パールベース1回塗り。更にパネル全体を覆うよう2回目。ムラが気になる場合だけ、乾燥後にムラ取りで軽く1回。

フオレスタ― ボカシ塗り (8) 

 乾燥後にクリヤーコートして終了。まあまの出来栄えです

フオレスタ― ボカシ塗り (9)  

 最後に一言です。塗装の基本は薄塗り最低限の膜厚で、必要とされる外観や対候性が発揮できる塗装を目指します。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

スポンサーサイト
2017.04.12 Wed
 マツダのソウルレッドに触発されてですか、各メーカーからカラークリヤーを使用した新色が出てきました。ボカシ塗りで苦労している職人さんも多いと思います。リペゾウも最初の頃は、勝手が分からず苦戦しました。台数をこなした今では楽勝です。この塗装のコツは、焦らず丁寧に、薄塗りを重ねていくことです。ホンダのR565Mのボカシ塗装の作業記録です。使用塗料はRMのオニキスです。

 先に必要量のカラーベースとカラークリヤーを調色し、準備しておきます。今回はカラーベース50グラムとカラークリヤー100グラムを作りました。希釈率は基準の5割増し。かなりシャブシャブです。

R565M (1) 

 カラーベースを必要量だけ、スプレーガンに入れます。

R565M (2) 

R565M (3) 

R565M (4) 

 周辺にミストが飛ばないよう、エアー圧を通常より1割程下げます。吹き付け時の塗膜状態がセミウェットになるよう、トリガーは半クラッチ状態を維持します。サフコート部を隠蔽するように、焦らずに丁寧に塗り広げていきます。

R565M (5) 

 最終的な完成塗膜の膜厚が厚くなるので、1回毎に軽く熱を掛けて水分を飛ばします。送風乾燥よりも加熱乾燥の方が適していますが、パネル温度の注意が必要です。

R565M (6) 

 カラーベースは3回塗りで終了。ここからボカシ塗装に入ります。

R565M (7) 

 ガンに残っているカラーベースの半分量のカラークリヤーを追加して、ボカシ塗装用の混入塗料①を作ります。

R565M (9) 

 しっかりと、かき混ぜます。

 R565M (11) 

 カラーベースを隠蔽するように、徐々に塗り広げていきます。 

R565M (12) 

 2回塗りで終了です。軽く加熱して水分を飛ばします。まだカラーベースが透けてみえますが、これで充分です。

R565M (13) 

 ガンに残っている混入塗料①と同量のカラークリヤーを追加して、ボカシ塗装用の混入塗料②を作ります。 

R565M (14) 

 混入塗料①の塗装範囲を隠蔽するよう、混入塗料②で2回塗りします。

R565M (15) 

 必要以上に塗装面が温まってきた様子なので、送風して冷やします。吹き付け時にセミウェットになる状態を維持させます。

R565M (17)

 ガンに残っている混入塗料②と同量のカラークリヤーを追加して、ボカシ塗装用の混入塗料③を作ります。 

 R565M (16) 

 混入塗料②の塗装範囲を隠蔽するよう、混入塗料③で2回塗りします。

R565M (18) 

 ボカシ塗り完了です。

R565M (19) 

 透かして見ても大丈夫です。。最初から最後までトリガーは半クラッチ状態で、吹き付け直後の塗装面が、セミウェット状態であるように維持します。トリガーを引ききってウェット状態になるほど乗せてしまうと、ブチになりボケません。

R565M (20) 

 混入塗料③の塗装範囲を隠蔽するよう、カラークリヤーで1回塗り。エアー圧は通常に戻します。軽く熱を加えてから、カラーベース内のメタリック粒子が露出し目立つ部分がないかをチェックします。更に範囲を広げ、もう1回塗装します。

R565M (21) 

 カラークリヤー塗装終了です。 

R565M (22) 

 シャブシャブの塗料で薄塗りといえど、合計11回塗り重ねています。内部に籠った水分が抜けきるよう、じっくりと熱を掛けます。

R565M (23)    

 乾燥後に通常クリヤーを上塗りして完成です。

R565M (24)  

 腰を据えて作業すれば、それほど技術的には難しくありません。後日のクレームの心配もありますから、通常塗装の倍の時間を掛けるつもりで取り掛かる方が良いと思います。塗装範囲を、今回の半分くらいまで縮めることは可能です。

 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2017.02.22 Wed

 DSCF5107.jpg 

 スマアシ装備でも、突っ込む時は突っ込みますフロント回りの外板パネルは総取替ですが、全て樹脂パネル。バンパー塗装時と同様に、色味やメタの立ち具合が微妙に変わります。薄い色の場合は、気を使います。

 樹脂パネル (2) 

 フロントフェンダーパネルを新品取替して、フロントドアにボカシ塗装しています。許容範囲には入っていますが割増料金を貰えるなら、再塗装したいところですね。

 この車の作業していて、アレっと思ったのがボンネットです。パネル裏側の作りが変わりました。黒色の樹脂パネルが接着されています。

 樹脂パネル (1) 樹脂パネル (4) 

 塗装されていませんので、ミストが飛ばないように、塗装時のマスキング作業が必要になります。この作業は、従来の塗装指数の想定外になるのでは?とりあえず、作業項目を付け足してみようかな

 樹脂パネル (3) 


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2016.08.31 Wed
 久し振りに、難しいと思う色に出会いました。ホンダのB611P。ブルーのメタリックです。ボカシ塗装ならよいのですが、ブロック塗装しなければならない事になりまして調色精度で、95%以上に持ち込まないと不味いです。最初は安易に考えていたのですが、塗料メーカーの調色データーが、全く使い物になりません。伝手を辿りホンダの内製化工場に問い合わせたら、そこでも困っているとの話です。自力で、昔ながらのやり方で調色するしかありません。

 S660バンパ (1) S660バンパ (2) 

 この色の難しいところは、ウェット時とドライ時で、かなり色味が変化するところです。光輝感の強い粗いメタリックベースが入っています。このメタリックベースが、悪さをします。乾燥に合わせて、表面に上がってきます。反射で色味が消えて、白っぽい状態になります。2時間近く悪戦苦闘して、なんとか許容範囲に持ち込みました。

 意外と知られていないのですが、色は乾燥に合わせて、刻々と変化していきます。塗装面下地の状態や、塗装時の温度等に因って、同じ色でも、色味が変わります。100%同じ色を再現するのは、不可能に近いです。先日、ホンダの3コートパールの塗装をした時の写真です。

 色の変化 (1) 

 グランドコート2回目、塗装直後のウェット時です。塗った部分と塗らない部分の色差が、素人さんんでも分かると思います。白味が強すぎるように感じますが、乾燥してくると、下記写真の様に変わります。

 色の変化 (2) 

 乾燥に従って、重い白の粒子が下に落ちて、黄色や黒の粒子が上がってきます。さほどの色差はありません。周辺部に軽くバラ吹きしてボカシます。

 色の変化 (3) 

 グランドコート終了です。この上にパールベースを吹き付け、更にクリヤーコートします。この段階で、この程度の色差だと、許容範囲内に入っています。乾燥中の変化は、経験を積む中で体得します。職人になるまでは、時間が掛かります。



FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   
2016.04.13 Wed
 オカマ掘られて、バンパー交換の車が入庫しました。新品バンパーと交換して作業終了のつもりでいたら、元請け業者さんから一言…「これだけ色が焼けているのに、色塗りの新品バンパーを付けたらヘンだよね。」一瞬ヤバイと思いましたが、逆らえません。世話になり過ぎています。未塗装の新品バンパーを取り寄せて、実車に合わせて調色。塗装して取り付けました。

 08_201604041857500b1.jpg 09.jpg

 久し振りに手調色です。データー調色で作った色を基にして、自分の感覚で、原色を足していきます。正面の赤味は抑えつつ透かしの黄味を強くしてなどと、方向性を決めてから、頭の中で、各種原色を加えた時の変化をシミュレーションします。この作業では、頭に原色特性が入っている事が必要です。数十年前は、常時こんな感じで調色してました。、誰でも調色作業が、できる時代じゃなかったです。10分ほど掛けて作った色を、テストピースに塗ります。
 
 10_20160404185752f26.jpg 真ん中が作った色で、両サイドは実車。

 許容範囲に入りましたが、ここからが難しい。何が難しいかと言うと、鋼板パネルとPBバンパーでは、同じ色で同時に塗装しても、同じ発色になりません。下記写真をご覧ください。

 11.jpg 12.jpg 

 同時に同回数の塗装をしていますが、明らかに色が違います。バンパーの方が白いです。こうなる事は予想していましたが、勘弁してもらいたいです。バンパーの色を、撹拌棒と同色にしないと納まりません。実車より赤味を強めて、再調色します。

 13_20160404200026554.jpg 左側が、再調色した方です。

 14.jpg  光線で赤く見えますが、実車では違和感無いです。無事に納まりました。それにしても、新品バンパーの塗装指数は安いですねウレタンバンパーが出回りだした頃の塗装料金を知ってるだけに、どうも釈然としません。技術料が入る余地がありません。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

   

Template by まるぼろらいと