FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.07.04 Wed
 沼津の海岸線は、総延長で47キロあります。リペゾウの住む片浜地区は、その西側。千本松原という10キロに亘る松林の、東端から西へ3キロほどの地区です。年に1回、自治会主催の松並木と海岸の清掃活動があります。今年は海岸清掃が担当で、久しぶりに片浜海岸に出向きました。

 DSC_0006.jpg DSC_0007.jpg

 子供の頃の夏休みの遊び場です。小学生の頃は、毎日のように泳いでいました。昔と一見の風景は変わりませんが、足元を見ると、時代を感じます。ゴミの中に、多量のプラスチックが混じっています。この類は、昔は殆ど無かったです。

 DSC_0011.jpg DSC_0013.jpg  

 触るとボロボロで、崩れて粉のようになったりします。お魚さんの体内に入って、やがては人の体内にも入ります。ヤバいですやたらに道端に捨てるのは不味いです。

 特に気になったのが、使い捨てライターの半端ない多さです。鈑金屋の納税意識は高く、意思も半端なく強いです。それに比例して、同業者の喫煙率も高いです。先月も5人で東京に行きましたが、煙草吸わないのはリペゾウだけ。なんと喫煙率80%でして肩身が狭かったです。ガンガン吸って納税するのは良いと思いますが、使い捨てライターはポイ捨てしないよう、気をつけましょう。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
2018.04.04 Wed
 初めてネットショッピングしたのは、20年以上前だったと思います。最初の頃は注文前に調べつくし、商品が届くまでドキドキでした。今は日常的に利用していて、それに連れて警戒心も薄れました。魔がさしたというのでしょうか、生まれて初めて騙されました。コンビニで支払った後で、何か変だと思って再チェックしたらやられちまった。俺の4万円が!

 恥を曝すのも嫌ですが、放置すれば被害者が増えます。失敗経験に基づき、体験ツアーをご用意しました。先ずは次のアドレスをクリックしてください。どこかの犯罪者が運営しているフィッシングサイトです。www.limstuff.bid/
FS1.png

 手の込んだサイトにも見えますが、よく見ると、節操が無い商品構成です。掲載画像も粗いです。コピペで作ったのでしょうか。サイト上段右側にあるアカウント作成をクリックし、ブラウザのアドレスバーをご確認ください。セキュリティキーが表示されません。保護されていない通信です。この時点で気づくべきでした。見落としていました

フィッシングサイト1 (1) 

 次にサイト上段左側にある会社概要をクリックしてください。法律で義務付けされてる販売先名や連絡先が記載されたページが出てきます。記載されてる電話番号は、今現在は使われていない番号です。昔なら、先に電話してから注文したのになぁ

フィッシングサイト1 (2) 

 コンビニ決済帳票の上部左側にあるアマゾンのロゴが、何か変です。co.jpが大きいような支払った後で気づいてもなあ

FS4


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2018.01.17 Wed
 Tさんと話すと、日本の強みや魅力についても、再確認できます。サッカー観戦の話が分かり易かったです。

 中国チームの観戦をしていると、決まったパターンを繰り返すそうです。ホイッスル直後に怒涛の進撃で1点を取り、更に勢いに乗って2点目を取りにいきます。ここまでは良いのですが、サッカーは長丁場です。時間の経過で、相手側に波が移る瞬間がきます。メンバーの1人がミスって点を取られると、周囲のチームメイトが駆け寄ってきます。解説者は励ましてると言いますが、現実はミスった選手をデスってるそうです。両方の言葉が分かるだけに面白いそうです。

 こういう時に日本人なら必ず、「ドンマイ!」「気にするな!」とか言って励まします。逆境になればなるほど、チームとしてはまとまろうとします。日本人の強みが発揮されます。中国人は違います。「なにしてるんだ!」「やってられないよ!」とかデスっているうちに、「こいつと組んだのが間違いだ!」「アホくさ!」とか、自分もやる気を無くしていき、やがては自滅します。ピンポンのような個人競技には強いけど、サッカーのような団体競技、そして試合時間が長いほど難しくなります。バレーボールなんか、もう面白過ぎてという話で

 日本のスキー場の話も分かり易かったです。中国の富裕層の間で、日本のスキー場は人気があります。表に出てくる話では、日本の雪質が良いからと聞いていました。どうやら、それだけではない様子です。中国にもスキー場は沢山ありますが、二つ問題があります。一つはコースが広いだけで、あまりに単調で面白みに欠けます。これは比較的容易に改善可能ですが、二つ目は難しいです。スキー場内のルールが、日本ほど確立されていません。

 例えば20人のグループと5人のグループが同じスキー場内に入ると、20人のグループの天下になります。ゲレンデのど真ん中で横一列で座り込んで喋りだし、そこにグループ外の人が突っ込んで怪我でも負わせたら、滑ってきた方が一方的に殴られたり賠償請求されたりします。人数を多く集められたり、特殊なバックを持っている方が強いそうです。誰でも安心して、スキーやスノボが楽しめる環境ではありません。だからTさんが初めて日本のスキー場に行った時には、これこそが文明国だと感動したそうでして

 Tさんと話して分かったのは、日本の若者は、完全になめられています。個人的な能力で負けるとは思っていません。自信に溢れています。単身海外に出て稼ごうとする、彼らのバイタリティーは強烈です。共感を感じますし、深入りすると自分も中国人になってしまいそうな魅力があります。この状態で侵食が進めば日本は植民地で、彼らに顎で使われる時代が来ます中国人と日本人は、死生観が違いすぎる。奮起しなければ、日本の良いところが消えていきます。排斥ではなく競い合いで、彼らの活力を取り込めるなら理想です。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


2018.01.10 Wed
 暮れから新年にかけ、中国人に関連する話を聞く機会が何度もありました。中国人達を雇用して事業展開しているMさんと、日本企業に就職してる中国人のTさんです。それぞれの立場から、メディアに出てこない機微に触れた話を聞きました。先ずMさんの話から始めます。

 Mさんがオールチャイナで経営する理由は、中国人が理解できると、オールジャパンで経営するよりも楽だからだそうです。楽というのは、人件費が安いという意味ではありません。日本人より人件費が安いというのは、過去の話です。今は仕事ができる人間を雇えば、国籍が何処だろうと、成果に見合う報酬を支払う必要があります。Mさんのお言葉です。

 「夜中に都内のコンビニに行ってみなさい。店員は外人ばかりです。滅多に日本人に会えません。同じ時間を働くなら、稼げる夜中に外人は働きます。日本人は、楽な時間帯だけ働く。それで年収が上がらなくてもいいと。そこまでして稼ぎたくないと言います。」

 「仕事がキツイ分だけ余分に払うと言うと、中国人は喜んで働き、契約した数字をあげてきます。日本人は駄目です。経営者としてオールチャイナとオールジャパン、どちらが楽ですか?オールジャパンで多店舗展開などしたら、自分が苦しくなるだけです。」

 Tさんの話は、もっと衝撃的です。彼の父親も日本留学しています。日本人の勤勉さや頑張りに衝撃を覚え、尊敬の念さえ抱いたという話を聞いて育ちました。Tさんも日本留学し日本企業に就職して、上司や同僚、多くの日本人に囲まれて生活しています。父親から聞いていた日本人と、今の日本人は違うと言います。尊敬するに値する方もいる様子ですが、定年間近の方ばかりです。年齢が下がるほど駄目で、有名大学卒業と言って偉そうにしてるけど、何も分かってないねという調子で話していました。

 リペゾウは余計な詮索もしませんし、利害関係もありません。だから本音でバンバン話します。一般的な中国人の思考様式から始まり、中国人による民泊、白タクの仕組みや実態等についても教えてくれました。ニュースで取り上げられるのは、氷山の一角です。日本政府がインバウンドに力を入れても、それが国内旅行業者の業績に繋がりにくい背景も理解できました。欧米人観光客もターゲットに入っているとはいつの間にか、想像以上に侵食されています。

 国籍が何処だろうとかまいませんが、問題は彼らが税金払ってないことでして。日本で商売するなら、ちゃんと日本に税金を払わないと税金でインフラ整備をしているからには、ただ乗りは絶対駄目です

続く

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ
プライベート    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2017.11.22 Wed
バックの中に、宝くじを入れぱっなしだったのを思い出しました。妄想でドキドキしながら当選番号をチェックしたら、なんと

1万ゲット

 1万円ゲット300円以上を当てたのは5年ぶりっすこの1万円を得るために幾ら使ったかを考えると、嬉しさも悔しさも半端じゃない、とてもとても複雑な心境です。でもこれは、もっと凄いのが当たる兆しに間違いないと思います。次は年末ジャンボです。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


Template by まるぼろらいと