FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2018.09.26 Wed
 お得意さんから、「走ると振動が。」と電話です。そのまま来社してもらい、同行して試乗です。乗って即、分かりました。「この車、寿命です。修理できるけど、半端なく費用が掛かりますよ。諦めて、買い替えましょう。」と返答しました。16年落ち、20万キロ越え。新車から、よくぞ乗りました。

 次の車が見つかるまでの代車を出して、確認の為に片側タイヤを外しました。案の定です。サスペンションロワアームのブッシュがボロボロです。この調子だと、他も似たりよったりの筈。限界を超えました。1年前から、もう無理とアドバイスしていたのですが、未だ大丈夫と乗り回していたんですね。気持ちも分かるけどなぁ

ゴムヘタレ (1)

ゴムヘタレ (2)

ゴムヘタレ (3)

 車のエンジン・ミッション・サスペンションは、ボデーにガッチと付いているわけではありません。間にはゴムブッシュやマウントが挟まっています。見方によっては、宙に浮いている状態です。ゴムは経年変化で弾力が無くなり、やがて割れます。1個2個じゃなく、沢山あります。全部を取替たら、凄い金額になります。お金を掛けて直しても、他の部分が壊れる可能性も高いです。だから未だ大丈夫なうちに、腰を据えて次の車を探す方が、経済的には絶対お得です。諸行無常。手を入れ続けない状態で、永遠に乗れる車はありません。別れの日が訪れます。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト
2018.08.15 Wed
 今日でレンタカーも、8割がた戻ってきました。一段落です。 (;'∀')

natuyasumi-1.png
 っす


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



2018.02.14 Wed
 損保の言うことも分かります。道交法での安全進行義務違反です。「たとえ優先道路を法定速度内で直進している状況でも、交差点や路駐車両がある場所では減速や徐行運転をし、事故が発生しないように努める義務がある。路駐の相手側車両が後方確認せずに発進したのは事実だが、Sさんも必要な注意を怠っていたのではないか?」と。大雑把に言えば、こんな感じですか。

 Sさんが被害者側であることに間違いなくても、自己の過失ゼロに対しては立証責任が発生します。立証責任は被害者側にあります。現実的には第三者の目撃者でもなければ、立証は困難です。だから水掛け論になります。

 被害者側・加害者側双方の話を聞き、どちらに分があるかは推測できても決定打がありません。極論を言えば、事実よりも押しの強い方が勝ちます。車が少しでも動いていれば、損保は過失を求めてきます。でも、やるべきことを全ておこなった上での事故ならば、過失は無いはずです。

 プリウスにはドライブレコーダーが搭載されていました。アジャスターさん立ち合いでデーター再生すると、路駐している相手側車両の手前で減速し、徐行運転ているのが明らかでした。パソコン画面をアジャスターさんのスマホで動画撮影し、社内検討してから連絡しますという話でした。

 当日夕方には連絡が入り、ゼロ主張が認められました。損保のお姉さんからも、レンタカー代請求を出してくださいとの連絡です。態度がコロッと変わります。今回の案件で、ドライブレコーダーの有効性は分かりました。今後はお客様にも、積極的に勧めていくつもりです


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



2018.02.07 Wed
 先週の話は折合いがつき、短期間で決着となりました。互いに忙しい身ですし、話合いに時間も掛けられません。最初から落としどころは決まっていますからね今週は話が変わり、ドライブレコーダーの有効性についての体験談です。

 昨年末の事故です。Sさんのプリウスは直進中。路肩に停止していたトラックが、後方確認せずに右側本道に急発進して衝突。プリウスの左フロントドアから左クォーターまでボッコリと凹ませました。

プリウス 側面損傷 (1) プリウス 側面損傷 (2)  

 事故現場でSさんは100:0主張。相手側運転手は非を認めて謝罪しましたが、相手側契約損保はSさんの過失を主張してきました。Sさんは1日平均100キロ走りますから、それなりの車を代車として渡しました。もちろん「わ」ナンバーです。相手側損保のお姉さんから、リペゾウの独断で勝手に配車したのだから、代車費用は一切出しませんくらいに言われました。社内マニュアルに沿って話してるのは分かりますが、そう言われたら、こちらも戦闘モードです自分が納得できない状態ではSさんに説明できませんから、そう簡単に引き下がったりできませんわ。

続く

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします



テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク
未分類    Comment(0)  TrackBack(0)   Top↑
2017.09.27 Wed
 側道から優先道路に出ようとしたTさんの話です。一旦停止の標識を見て減速し、停止線で停止しようとした瞬間です。側道の左側は斜面の空き地です。そこを上から下ってきた車が、横からドカンと衝突です。衝突位置は、停止線の1メートルほど手前。Tさんの車は衝突地点で、そのまま停止です。

鞍元イスト

 Tさんの車は年式が古いから全損です。これは仕方ないです。客観的に妥当な金額を提案してきたので、即了承しました。問題は過失割合です。Tさんにも1割の過失があると言います。理由は完全な停止状態でなく、僅かでも動いていたからという、それだけです。これは納得できません。過失と言うなら、それをしなければ事故は避けられたのか?こちらは停止線を見ながら止まる寸前です。道路外の左上方から突っ込んでくるのを、どうしたら避けられるのか知りたいです。

 相手側損保担当者は事故現場にも行ってないし、損傷車両の状態も見ていません。判例がどうとか言いますが、だから何なんだと。事故は全てが異なります。全く同じ状況はありません。今回の場合は客観的に見て限りなくゼロ過失に近いから、最初から1割過失しか要求してこないわけですね。相手側損保担当者に妥協案として、請求放棄するよう提案しました。駄目の一点張りです。相手側契約者は、あくまで過失分を請求すると言ってるそうです。本当かな?

 Tさんから衝突相手に電話してもらいました。交渉状況を話してもらったところ、相手の方は何も知らなかったです。ご自分の車はデーラーに入庫しています。事故から1週間以上経過していますが、未だに何の連絡も無いとの話です。互いの損害額も既に決まっていますが、それすら知りませんでした。相手の損害額は約30万で、少なくとも9割は自己負担となります。連絡も入れずに直すつもりですかね?

 この程度のレベルで、よくサービス業が務まるのかと思います。自分なら入庫から24時間以内に損害額を算出して、必ず連絡を入れます。修理するとしたら自己負担額はどれくらいになるのか?場合によっては修理するより買い替えた方が得なのか?知りたい筈です。過失割合の話を進めるにしても、コマメに連絡を取って、顧客の意向に沿って進めていきます。顧客が無茶を言えば、交渉前に説得しときます。契約者に電話して、意向を聞き出すくらいしたらどうかと思いますがね。

 マニュアルに従って事務的に処理するだけなら、そのうち機械に仕事を取られます。求められてるのは、人間だからこそ可能な、血の通ったサービスです。現場作業しながら電話・メール・ラインで、経過報告等の連絡を入れています。コマメに顧客に連絡して情報共有する。顧客の身となって動くには必要です。サービス業としての基本です。


FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


Template by まるぼろらいと