FC2ブログ

車の再生に命をかけるボディワークス・アルファの板金日記 ≪毎週水曜日 20時に更新≫

未分類ご挨拶作業実例業界近況プライベート作業実例 塗装工場経営思考
2020.02.15 Sat
 道交法が改正され、特定整備なる制度が4月1日から始まります。特定整備認証を取得しないと、猶予期間後には、ASVのフロントバンパやフロントガラスの脱着さえできなくなります。鈑金屋にとって影響の大きい法律です。今は先ずコンプライアンスです。この特定整備認証だけは、とにかく取る。それ以外の選択肢はありません。

 静車協会員に対する説明会を県内各所で、準備のできた地区から始めています。未だ組合としての基本方針すら確定していませんが、理事会の審議を待つ余裕がありません。4月に入れば、法律が施行されます。三役の独断で、正規手順を無視しました。下記は出席する会員さんに、そのあたりの経緯を説明するために作った文章です。

「特定整備に対する静車協の取り組みについて」

1. 2019/10/21、国交省主催の「特定整備制度の方向性についての説明会」に三役で出席。
2. 翌22日、静車協グループラインを使用して、「中間とりまとめ案」を送信。特定整備に関する、静車協会員の情報共有を図る。会員間での情報の拡散や議論が始まる。
3. 理事長が静岡県整備振興会本所を訪問する。振興会専務と会談を重ね、特定整備に関する国交省の基本的な考え方等についての情報収集をおこなう。
4. 何度も会談を重ねる中で、静車協会員の特定整備認証取得段階での、静岡県整備振興会からの全面的バックアップの確約を得る。
5. 静岡本所以外の東部支所・西部支所も訪問し、同様のお願いをする。静車協組合員からの問い合わせに対する、窓口担当者を決めていただく。
6. 静車協会員事業所の、認証取得等の状況についての再調査をおこなう。

7. 2020/1/16、三役を交えた静車協企画委員会を開催。特定整備に対する静車協としての対応について、協議をおこない基本方針(案)を確立する。
8. 基本方針(案)
① 静車協全会員は、特定整備認証を取得する。
② 静車協全会員は、法律施行日から1年半以内での認証取得を目指す。
③ 静車協全会員の認証取得に伴い、整備振興会への加入を推奨する。
④ 無資格会員へ、次年度開催の車体整備士講習の受講を推奨する。


9. 2020/2/5~2/13にかけて、静岡県内5地区で、静車協基本方針についての説明会を開催する。静車協全組合員に出席を要望。
10. 2020/2/15に整備振興会静岡本所、2/22に整備振興会東部支所、2/29に整備振興会西部支所にて、国交省補助金を利用してのエーミング講習を開催する。静車協全組合員に受講を要望。
11. 2020/2/21、静車協理事会を開催し、基本方針(案)についての審議をおこなう。特定整備に対する、静車協基本方針を確立する。

 理事長の腹が座っているので、その下で動くリペゾウも楽です。組合員を豊かにするために組合があり、組織の存続などは二の次。先ずは組合員のメリットです。その後は成り行きですが、感傷に囚われないことが大切です。物事は全て、始まりがあれば終わりがあります。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


スポンサーサイト



2020.01.29 Wed
 昨年10月、社用車のコンテ君が事故に遭い、半身不随となりました。一目全損です。某T海上さんから、「全損です。12万です。」と言われて、温厚なリペゾウも切れました。

04_20200117212939866.jpg
  
 オークション相場でも、20万近い落札が最低です。代理店さんから弁護士特約を使いますかと聞かれ、やんわり断りました。先ず自分で戦う。弁護士に頼むのは、自力で結果を出せなかった時だけです。2ヵ月間、知謀の限りをつくして戦いました。読み通りの展開となり、納得できる範囲まで持ち込みました。交渉内容に関してはノーコメントです。

 さて物損に関しての話もついたので、コンテ君を送りだすこととなりまして。タイヤがバリ山でモッタナイ。解体屋さんが来る前に、廃棄の坊主タイヤと交換しようとしたら・・・・・

DSCF7634.jpg

DSCF7635.jpg
 

 リヤタイヤ裏側サイドに膨れが。Σr(‘Д‘n) 事故時の衝撃が、こんな形で後遺症として発生するんだ。(´ε`;) また一つ、勉強しました。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2020.01.15 Wed
 静車協会員さんからの情報です。興味ある方はご連絡ください。取次ます。

 S__11034691.jpg

 引退後に乗り回すつもりで補修してきましたが、諸事情で手付かず状態が続いています。手放すことを決心しました。代わりに面倒を見てくれる方を探しています。養父母の条件は、彼の面倒を真摯にみてくれる方。転売目的はご遠慮ください。譲渡金額は相場無視の、実費程度を考えています。

 車両はオリジナル状態で、腐食による切り継ぎ部分も少ないです。前後バンパーは欠品です。エンジン・ミッションは降ろして、別に保管してあります。車両以外にも、多数の純正部品を付けます。書類無しの部品取り車扱いとなります。車検取得を考えるなら、お手伝いはできると思います。

S__11034693.jpgS__11034694.jpg

S__11034695.jpg
S__11034696.jpg

S__11034697.jpgS__11034703.jpg 

S__11034705.jpgS__11034706.jpg

S__11034707.jpg
S__11034708.jpg

S__11034710.jpgS__11034711.jpg

S__11034712.jpgS__11034713.jpg

S__11034714.jpgS__11034715.jpg

S__11034722.jpgS__11034724.jpg

S__11034698.jpgS__11034700.jpg

S__11034702_202001142112117a9.jpgS__11034701.jpg 

 激レアの箱スカGTRのフロントグリルを筆頭に、全てが純正品。オリジナルの本物です。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

2020.01.01 Wed
 新年あけましておめでとうございます。昨年は更新していないにも関わらず、多くのアクセスを頂きました。ありがとうございました。今年は不定期ですが、時間が取れたら書くつもりです。書きたいことは沢山あります。

 公私ともども、激動の1年でした。まともに休みが取れた日は無く、追いまくられ動き回っているうちに年が変わりました。大きなニュースが幾つもありました。特に心に残ったのは、天皇陛下のご譲位と中村哲先生のご逝去です。ご譲位が平和裏におこなわれたのは、日本人として誇らしいことです。タイミングも良かったと思います。また中村哲先生のご逝去に関しては、残念の一言です。ご冥福をお祈りします。

 2020年という年を一言で表すなら、転換期です。これから全てが変わります。凄い速さで変わります。従来の秩序、コンセプトが急激に崩れ、一見は混沌とした状態、カオスとなります。カオスからハーモニーが生まれ、やがてコスモスが形成される。10年ほど前から勉強会で、こういう時代が来ると聞いてきました。生きてる間に、どこまで進むか興味深々です。

 カオスというと先が読めませんから、不安を感じる方は多いと思います。でも心配ありません。何故なら人間本来の状態こそ、カオスだからです。お釈迦様は、これを無常と呼びました。未来が、先が読めるというのは驕りです。緻密な経営計画など意味がありません。出たとこ勝負の連続です。ただし、少しづつでも正しい方向に進めるように、ビジョンの灯火を掲げる必要はあります。日本の象徴として天皇陛下がおられるように、会社経営や組合活動にも、組織には必ず旗印が必要です。そして旗を掲げると同時に、構成員の、個の確立を計る必要があります。カントが唱えた、自律した人間像が求められています。

FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします


2019.02.01 Fri
 2019年2月1日

 2009年12月に始めたブログも10年目に突入し、週一掲載であるにもかかわらず、今回で479回目となりました。もう少し頑張れば500回ですが、ここで一旦、休刊とします。  

 このブログのタイトル、「車の再生に命をかけるボディーワークス・アルファの板金日記」は、当社HPを作成したビジョン・サプライさんが付けてくれたものです。気恥ずかしいと思いましたが、彼らから見てリペゾウは、そのように見えるという話でした。確かに当時は鈑金塗装業に、これほど真剣に取組む人間はいないと自負していました。これだけ頑張って暇になるなら、お客様からの評価が得られないなら、もう商売止めるくらいの覚悟でした。実際に10年以上は常時忙しくて、予約仕事が切れるなど無かったです。どんなに世の中の景気が悪くなっても、自分が暇になるなど、これぽっちも想像してなかったです。一生現場で、ひたすら働き続けるつもりでした。

 転機は2014年です。自動車保険料率改定の影響で、丸2ヶ月の暇を体験しました。1千万ほど売上を落として、全身真っ赤かで。保険制度に頼り過ぎていたのを痛感しました。そしてスバルのアイサイトを筆頭に、自動ブレーキ等の安全装置が付いた車が、急速に普及し始めた年です。時代の変化を感じました。一人の職人として、どんな時代でも飯を食える自信が、それが揺らぎました。一経営者としては、かってない危機感を覚えました。

 経営業は環境適応業。時代が変わるなら俺も変わる。腹を決めて踏み込むと、それまで見えなかったものが見えてきました。2016年には国交省内部に、自動運転戦略本部が設置されます。トップは国土交通大臣です。つまり国家戦略として、自動運転を進めるという宣言です。ここで何が議論されているのかは、容易に想像できます。整備の在り方そのものが変わります。バンパ脱着、ヘッドランプ脱着、ガラス脱着、この類の作業でさえ、分解整備の定義に触れる可能性が出てきます。そういう時代が、間近に迫ってきました。

 変化の時代はレバレッジが効き易く、小資本で面白い展開が可能です。商売を始めた時から見栄を張らずに、コツコツと積上げてきました。やっと自らの可能性を、試すに相応しい時機が到来しました。今なら自力の範囲内で、他人様に迷惑を掛ける心配も無く勝負に入れる。銀行に必要資金を融資してもらい、やがて訪れる時代に備えての、最初の投資を実施しました。もう少しで、スタート台には立てます。開店準備に並行して、次の投資準備にも入りました。従来業務も並行しますから、かなり忙しいです。

 DSCF4482.jpg DSCF4486.jpg

 組合活動でも、大役を受ける事になりました。こちらは、本音を言えば避けたかった。でも仲間が頭を受けると言った時点で、もう選択肢などありません。俺も行くしかない。やるべき事が飛躍的に増えました。ブログを書くのも好きですが、時間が足りません。Facebookのアカウントも削除しました。こちらも忙し過ぎて対応できません。週一掲載を楽しみにしていた方には申し訳ございませんが、自身が今何をすべきかは明確なので、それに集中します。余裕ができたら、その時点で再開を考えます。長年お付き合いいただき、ありがとうございました。

(´▽`)アリガト!
 
FC2ブログランキング参加中ポッチィしてください。よろしくお願いします

Template by まるぼろらいと